ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
13 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが メッセージ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 13

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 1111
総計 : 7317573175731757317573175
平均 : 3030
メッセージ : 主のために生きる(ローマ14章1〜12節)
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-08-06 06:00:00 (10 ヒット)

「わたしたちは、生きるとすれば主のために生き、死ぬとすれば主のために死ぬのです。従って、生きるにしても、死ぬにしても、わたしたちは主のものです。キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです」(8、9節)。ここに「主のために」とありました。このことを考えていくうえで大事なことが「キリストが死に、そして生きたのは、死んだ人にも生きている人にも主となられるためです」ということです。キリストが、イエス・キリストが死なれた、生きられた。それはだれのためだったか、ということです。
それは私たちすべての者のためだった、ということです。私たちが罪と死の滅びから救われるために、主は十字架にかかられた、ご自分の命をささげられた、ということです。そのこと抜きに「主のために」ということを理解することはできないのです。まず、イエス様がこの私のために死んでくださった。その主の愛に応えて生きる。それが「主のために」生きるということなのです。食べものや特定の日のこと、それだけのことではありません。私たちの生活のすべてにおいて、私のために十字架にかかり、私を罪と死の滅びから救ってくださった主のために生きるのです。主の愛に応えて生きる、主の恵みに応えて生きるのです。



PageTop「ャ