ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが メッセージ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 2323
昨日 : 1919
総計 : 8316083160831608316083160
平均 : 2929
メッセージ : 二人の人の祈り(ルカ18章9〜14節)
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-02-25 06:00:00 (123 ヒット)

ルカによる福音書18章9〜14節には、イエス様のたとえ話が記されています。そこには対照的な二人の人の祈りの姿があります。一人はあるファリサイ派の人の祈りでした。もう一人はある徴税人の人の祈りでした。二人の祈りから知らされることは、どこを向いているか、どこを見つめているか、ということでした。自分に向かって生きる人、そして、神様に向かって、神様の恵みを見つめて生きる人の違いです。
あるファリサイ派の人の祈りで欠けていたことは、自分が誤った道を歩まないでいられるのは、断食をしたり、たくさんのささげものができるのはすべて神様の恵みによるものであるということを忘れていたということです。神様の恵みを忘れる時、私たちは自分の義を誇り出すのです。そして、人を裁きだすのです。
 一方、ある徴税人について言えば、彼は神様の恵みの前に、自分の罪深さに気づかされ、悔い改めるのです。彼は自分の罪を赦し、新しい人生を導いてくださる神様の恵みに圧倒されるのです。自分の罪に打ちひしがれたこの人は神様の恵みに圧倒されるのです。そして、神様の恵みに応えていこうと生きるのです。神様の恵みを見つめながら祈り、歩んでまいりましょう。



PageTop「ャ