ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが メッセージ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 8
昨日 : 2929
総計 : 8157081570815708157081570
平均 : 2929
メッセージ : 神から知られている(ガラテヤ4章1〜11節)
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-06-17 06:00:00 (52 ヒット)

「しかし、今は神を知っている、いや、むしろ神から知られているのに」(ガラテヤ4章9節)。
神様を知っている私たち。でも、まだまだ知らないことだらけです。生涯かけて、神様を知っていきたいと思います。しかし、パウロはここで言い直しています。それは神様を知ることは大事なことだけれども、もっと大事なことがある。それは、この私が神様を知っている以上に、神様はこの私を知っておられる、ということです。神様から知られている私!私は神様から知られている、この言葉を読んだ時にこんなことを思いました。この私は私自身のことをどれだけ知っているか?自分が一番自分のことを知っている、分かっているかというと、そうではありません。人間関係などで問題になるのはそういう部分だと思います。自分で自分のことが分かっていないのに分かったつもりでいる。自分を客観的に見ることは大事です。自己点検、自己吟味ということでしょうか。自分の知らない自分自身。そのすべてを神様はご存じです。その神様の前に立ち、本当の自分を知る。そこから、真の悔い改めが起こってくるのです。



PageTop「ャ