ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
3 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが メッセージ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 3

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 3030
昨日 : 2828
総計 : 8385583855838558385583855
平均 : 2929
メッセージ : 共に苦しむ方(ヘブライ4章14〜16節)
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-11-25 06:00:00 (9 ヒット)

「この大祭司は、わたしたちの弱さに同情できない方ではなく、罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われたのです。」(ヘブライ4章15節)
ここに記されていることはイエス・キリストは私たちの弱さに同情できない方ではない、ということです。なぜ、そのようなことが言えるのでしょうか。「罪を犯されなかったが、あらゆる点において、わたしたちと同様に試練に遭われた」とあります。イエス様は神の子、神様ですから、罪を犯すことはありませんでした。しかし、あらゆる点において、私たちと同じように試練に遭われた、というのです。
 ところで、この「同情できない方ではなく」ということ、別の日本語訳を見てみますと、「共に苦しむことのできない方ではなく」(岩波版・小林稔訳)となっています。イエス様は私たちと共に苦しんでくださるというのです。だから、私たちが苦しみにある時、それはイエス様も一緒に苦しんでおられるというのです。ヘブライ人への手紙2章17、18節にはこのようなことが記されています。
「それで、イエスは、神の御前において憐れみ深い、忠実な大祭司となって、民の罪を償うために、すべての点で兄弟たちと同じようにならねばならなかったのです。事実、御自身、試練を受けて苦しまれたからこそ、試練を受けている人たちを助けることがおできになるのです。」
私たちの苦しみは自分だけの苦しみなのではありません。私たちは、自分の苦しみなど、だれも分かってくれない、と思うことがあるかもしれません。でも、イエス様は知っておられる、分かっておられるのです。そのイエス様に慰めをいただいて、励ましをいただいて、歩んでいきましょう、生きていきましょう。



PageTop「ャ