ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが メッセージ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 2828
昨日 : 8484
総計 : 9542995429954299542995429
平均 : 2929
メッセージ : キリストにある成人として生きる(コロサイ2章16〜23節)
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2019-09-08 06:00:00 (61 ヒット)

頭であるキリスト。「この頭の働きにより、体全体は、節と節、筋と筋とによって支えられ、結び合わされ」(コロサイ2章19節)とありますが、これは教会のことです。教会を人間の体に例えて言われています。イエス・キリストが頭。そして、私たちは体の各部分です。
私は今でこそ、手足も自由に動きますが、数年前に手足が動かなくなる神経の病気になったことがあります。手を動かすリハビリをしていた時のことです。リハビリの先生が手は動かなくても、その手をじっと見つめて動くように頭で思いなさい、と指導されました。実際には手がさっぱり動かないのに、そんなことを言われるので困ってしまいましたが、先生の指導の通りにしました。これは頭(脳)から手が動くように指令する訓練なのでしょう。最初のうちはまったく動きませんでしたが、時間が経つうちに少しずつ手が動くようになりました。イエス様が頭。イエス様のお考え、思い、それを知り、そのために励むのが教会なのです。
キリストを信じる成人、キリストを信じる大人。それはキリストを頭として、キリストにしっかり付いていく。そうするならば、育てられ、成長してゆくというのです。最初のうちはイエス様の言われること、お考え、それがなかなか分からないかもしれませんが、ずっと続けてゆくうちに少しずつ、分かってくるのです。そして、イエス様の言われること、お考えを私たちの生き方の中に反映させることができるようになるのです。それがキリストにある大人、成人です。



PageTop「ャ