ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
21 人のユーザが現在オンラインです。 (3 人のユーザが メッセージ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 21

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 257257257
昨日 : 329329329
総計 : 113137113137113137113137113137113137
平均 : 3333
メッセージ : まだ信じないのか(マルコ4章35〜41節)
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-03-01 06:00:00 (34 ヒット)

激しい突風により、湖は荒れています。弟子たちの乗った舟は揺れ動きます。弟子たちは主にこう言います。「先生、わたしたちがおぼれてもかまわないのですか」(38節)。すると、主は「イエスは起き上がって、風を叱り、湖に、「黙れ。静まれ」と言われた。すると、風はやみ、すっかり凪になった。イエスは言われた。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか」」(39、40節)。イエス様は起き上がって、風を叱り、湖に「黙れ。静まれ」と言われました。別の訳では「黙れ、口をつぐめ」(岩波訳)とありました。「口をつぐめ」というと、弟子たちに向かっても言われているように思えます。恐れのあまり、心が騒ぐ弟子たちに向かっても、主は言われたのかもしれません。「黙れ、口をつぐめ」と。
そして、主が語られたら、風はやみ、すっかり凪になった、ということです。主は弟子たちにこのように言われました。「なぜ怖がるのか。まだ信じないのか」。主が言われた言葉、「まだ信じないのか」。この「まだ」という言葉が心に響きます。試練があると、すぐに恐れおののいてしまう私たち。そういう私たちの心を主は知っておられます。そして、そういう私たちのことを主は待っておられるのです。私を信頼するように。今はまだ私を信頼することができないでいるけれども、その日が来るように私は待っている。主は揺れ動く舟の上に一緒におられるのです。私たちの人生に一緒におられるのです。でも、私たちは一緒におられる主が見えなくなる。主がおられないかのように思ってしまう。いいえ、私は今もあなたと一緒にいる。けれどもあなたはまだそのことを信じることができない。主は「まだ信じないのか」と言ってくださっている。主があなたと一緒におられる。そのことを信じる日が来るように待っておられるのです。



PageTop「ャ