ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
15 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが メッセージ を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 15

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 261261261
昨日 : 329329329
総計 : 113141113141113141113141113141113141
平均 : 3333
メッセージ : 神の作品として生きる(エフェソ2章1〜10節)
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2020-03-15 06:00:00 (13 ヒット)

 「なぜなら、わたしたちは神に造られたものであり、しかも、神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られたからです。わたしたちは、その善い業を行って歩むのです。」(エフェソ2章10節)
 「わたしたちは神に造られたもの」とありました。別の訳では「わたしたちは神の作品」(口語訳、新改訳など)となっています。私たちは神様の作品、神様が造られたものです。神様は私たち一人一人のことを、この人は私の作品ですよ!と言っておられるのです。だから、私たちは自分のことを卑下する必要はありません。私は神様の作品です!このことを喜び、誇りに思いましょう。
 神様はある目的をもって私たちを造られたことも記されていました。「神が前もって準備してくださった善い業のために、キリスト・イエスにおいて造られた」。「善い業」、それは神様のみ心に従うことです。神様が私たちに望んでおられる生き方です。聖書から私たちは神様の造られた目的に従ってどのように生きていけばよいのかを聴いていきます。
 礼拝の中で青少年と有志が「3つの約束」という賛美歌を歌いました。私は一緒に歌いながら、今まで、これは教会学校の子供たちの賛美歌と思っていましたが、そうではなく、大人も子供も一緒にいつも口ずさんでおくべき大切な賛美歌だと思いました。

1、お祈りはね 毎日するんだぜ いつもイエス様聞いててくれるから
2、御言葉はね 暗唱するんだぜ どんな時でも、みむねがわかるから
3、教会にはね 毎週来るんだぜ 元気な信仰養うためだから

 祈ること、聖書を読むこと、礼拝すること、これは神様との約束であり、私たちにとっては大切なライフラインなのです。



PageTop「ャ