ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
5 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュースレター を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 5

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 9
昨日 : 1414
総計 : 7935979359793597935979359
平均 : 2929
教会の集い : 東日本大震災被災支援チャリティーコンサート のご案内
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-05-21 20:34:03 (964 ヒット)

                       東日本大震災被災支援チャリティーコンサート  

古賀敦子 ゲオルギー ロマコフ 〜フルートとチェロの調べ〜
6月7日(土) 午後2時開演 赤塚バプテスト教会にて
 
  ― ご挨拶とお願い ―  
 赤塚バプテスト教会  牧師 石堂雅彦

 
 朝夕の気温差はあるものの、初夏の空気が感じられる季節となりました。皆さまいかがお過ごしでしょうか。あの東北を襲った恐ろしい震災から3年が経ちました。しかし現地では、今冬の大雪、その他の諸課題のゆえに、復興が遅々として進まない状況があります。赤塚バプテスト教会では、地域の皆さまにもぜひこの状況をご理解いただき、ご協力をお願いしたいと、復興支援チャリティーコンサートを行うことといたしました。同じ志を持って演奏活動をしておられるゲストをドイツからお迎えします。ひととき、素晴らしい音楽を通して、皆様方と東北への思い、祈りを共にし、かの地への慰めと励ましとが与えられることを願います。ぜひご協力をお願いいたします。

 

【古賀敦子氏、ゲオルギー・ロマコフ氏プロフィール】

 

◆ 古賀敦子(こが あつこ)/福岡市生まれ。桐朋学園音楽科高等学校卒業後、パリ国立高等音楽院フルート科卒業後、同音楽院の大学院に進学。在学中、数多くの国際コンクールで賞を得る。ソリストとしてこれまでマグデブルグフィルハーモニー交響楽団、同室内交響楽団、中央ドイツ室内交響楽団他と数々のコンチェルトを行う。2008年にはフルートソロリサイタルに対する「最優秀演奏賞」を受ける。2007年以来、毎年ゲスト・ソリストとしてドイツの各地で公演し好評を得ている他、ヨーロッパ各国の国営放送のテレビ・ラジオに定期的に出演し注目を集め、数々の国際音楽フェスティバルに招待されている。日本を始めヨーロッパ各国、米国、モロッコでソロ、室内楽で活躍している。 
 

◆ ゲオルギー・ロマコフ氏/ウクライナ生まれ。故郷オデッサにて6歳でチェロを始め、2年後にはウズベキスタン国際コンクールで優勝。13歳でドイツに渡り、ニュルンベルグフィルのソロ・チェリスト、ライナー・ファウペルの元で研鑽を積む。この間も数々の国際コンクールで優勝し、ニュルンベルグ・アウグスブルグ国立音楽大学を首席で卒業。その後、米国ボストンのニューイングランド・コンセルヴァトリーを首席で卒業。米国滞在中にシューマンのチェロ協奏曲でデビュー。ヨーロッパで数々のリサイタルを行い、ソリストとしてはニュルンベルグフィルハーモニー交響楽団などと共演。20052007年、ミュンヘン国立音楽大学にてヴェン・シン・ヤングの元で、ソリスト・ディプロマを得る。オーストリアのブラームス国際コンクールにて室内楽部門で優勝。リン・ハリル、ガリー・ホフマン、ムスティラス・ロストロポーヴィッチらに「期待の巨匠の器」と賞賛を得る。

 



― 
 協力募金について  

 

 このたびのチャリティーコンサートを通して捧げられた募金は、
当教会の所属する日本バプテスト連盟の東日本大震災被災地支援委員会を通して、
現地への支援活動に用いられます。
詳しくは下記のホームページをご覧ください。
 

 http://baptist.exblog.jp/

 



PageTop「ャ