ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
6 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュースレター を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 6

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 1
昨日 : 1919
総計 : 8313883138831388313883138
平均 : 2929
自然観察会 : 9月16日自然観察会のお知らせ
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2018-09-02 20:01:47 (47 ヒット)

 

薬草探しの自然観察会 2018/09/16

 今までの自然観察会もその時々に、何らかのテーマがありましたが、皆さんの印象に残っているテーマにはどの様なものがあったでしょうか。今回の自然観察会では、少しその趣向を変えて行いたいと思います。

 古来、人々は現代病と言われるような病に脅かされることもなく、極めて自然観に溢れた環境の中に生活をしていたと思われますが、だからといって全く健全な日々を過ごしていたと考えることも出来ないと思います。貧しさの故に、また、今日のような衛生的環境が整っていなかった故に、病に倒れることもしばしばだったでしょう。野性動物たちは、病気や怪我などをしたときに、本能的に野に生える植物を食べたり、温泉などに入ってそこから癒やされるということもあると聞くことがあります。人間も、人々からの言い伝えによって薬効のある草を知り、その恩恵に浴していたようです。既に、江戸時代には筆で書かれたかなり写実的な図説が作成されて、庶民にも供されていました。ただ、医療の治療・技術・知識が大きく発達した今日、病気の治療にあったては、専門の医師、また、薬剤師の指導を受けるようにし、私たちは薬草を日常生活の一環として楽しみながら使ってみることが大切なことだと思います。 

 ところで、そんな薬効のある植物(これはまだ、どんな植物がどの様な効力があるのか分かりませんが・・)が、果たして当教会の道路や公園などに生えているのでしょうか。今日の課題はそこにありますので、ご一緒に歩きながら見つけていきたいと思います。見つかれば、ラッキー!と思うことにもなるでしょう。さらに、見付かった薬草をお風呂の中に入れて、その香りや薬効にあやかったり、ちょっと変わったお茶の時間を味わってみたり、乾燥させた草の葉を袋に入れて自然の香りを楽しめることがあるかもしれません。私の手元にある薬草関係の一冊の本には、薬草といわれている植物達は、何も高山や特別な名のある山に行かなければ見られないなどということはない、といっています。周りにビルの並んでいる大都会の石畳や車の頻繁に走るアスファルトの道路の周辺ならともかく.教会周辺の道路にはどこにも草が生えているので、お目当ての草が見付からないということはなさそうです。期待と共に楽しみにしていきたいと思います。  責任者:岩田 浩司(ひろし)

 



PageTop「ャ