ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
19 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ニュースレター を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 19

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 3232
総計 : 6758167581675816758167581
平均 : 3030
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-29 08:43:41 (591 ヒット)

 

クリスマス礼拝に引き続き、開かれたファミリー・クリスマス会。

赤ちゃんからご高齢の方まで、全年齢層の方が一堂に集い、賛美や、朗読劇や、ビンゴや、トニモカクニモ楽しい、大いに盛り上がったひと時となりました。

前日から用意されたメニューはというと、特製ハンバーグ(にんじんグラッセ・ブロッコリー付き)、ポテトサラダ(レタス・ミニトマト3個付き)、クリスマスプリン・フルーツパンチ(いちご・ブルーベリー・りんご入り)、チョコレートファウンテン(マシュマロ・いちご・バナナに、溶けて流れてくるチョコレートをまぶして頂くもの)、パン、コーヒー、日本茶…。 おいしそうでしょ?

ちなみに、教会員は参加費500円(ただし、高校生以下は無料)教会員以外の方も、ご招待で無料でした。       今年参加出来なかった方も来年はぜひご参加ください。

みんなで一緒に、主イエス様のご降誕をお祝いしましょう!!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-22 20:39:43 (506 ヒット)

今週日曜日に教会ではクリスマス礼拝が持たれました。
117名の人々とともに主のご降誕をお祝いいたしました。小さなお子さんを
お連れのお母様方や、教会の礼拝は初めてという方も、たくさん見えました。

礼拝のトップに幼児科の子どもたちのごあいさつと賛美、続いて小学生、
中高生・青年の賛美、教会聖歌隊の賛美と続きました。
あたたかでほのぼのとした雰囲気の中に、イエスキリストのご降誕の喜びと感謝、
賛美のあふれた礼拝となりました。

主の天使の言葉を信じて救い主に会いに出かけた羊飼いたちは
飼い葉おけに寝ているイエス様に出会い、神をあがめ喜び賛美しながら帰って
行ったと聖書は記しています。(ルカ2:8〜20)

「神さまは私たちを決してお見捨てにはならなかった。
こんな私たちをさえ、主は顧みてくださるのだ!」
神の言葉が私たちに臨むとき、苦しみと悩みの多いこの世の歩みにあっても、
希望と喜びを見出して生きることへと神さまはお導きになるのですね。

今週金曜日(24日夜7:00〜)のクリスマスイブ・キャンドルサービスが楽しみです。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-22 20:29:35 (917 ヒット)

 

 12月19日の教会学校の時間に、クリスマス祝会を行いました
いつも来てくれる子 久しぶりの子 初めての子
牧師先生の「神様からの贈り物を受け取ってください」
というメッセージをみんなとっても静かに聴いていました
風邪をひいてお休みのお友達のためにお祈りもしました

そのあと自分でデコレーションしたケーキを夢中で食べていたら
ドアをノックする音がして・・・サンタさん登場!
プレゼントをもらって記念撮影をして「また来てね〜」

   

礼拝ではごあいさつと賛美歌を披露することもできて
本当にうれしい たのしい クリスマスでした
かわいい幼子たちがイエス様のもとに招かれたひと時でした

                                


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-18 23:59:16 (555 ヒット)

 

                                     今日は、クリスマスぽんぽこ。

                         みんな来られるかなぁと楽しみに待っていました。

        シチューとサラダとパンと果物、それと手作りのクリスマスケーキ。

        もちろん絵本と紙芝居もバッチリ用意オーケー。(これがカンジン)

  プレゼントも充実!(ライフ・クリエイション せいしょであそぼう ぬりえ&ゲームブック)と、

     みんなにも見せてあげたい、クリスマスクッキーとハート型のパウンドケーキ。

 

    おっ、来たよ きたよ!Yさんが同じ幼稚園のお友達に声をかけてくれたんだね。

  初めて参加のIさん親子もやってきました。よかった!最初から、うちとけてくれています。

        先月、ベソをかいていたYちゃんも、今日は、エンジンぜんかい!!

 絵本・紙芝居・絵本、手遊びが終わると、笑顔がなんともかわいいM君から「おなかすいた!」  

                       のオタケビ。

               みんなもいっせいに「おなかすいたぁ!」

            この後は、みんなで超しあわせなひと時を過ごしました。 

 

 こども4名、おとな3名、スタッフ4名、計11名でした。今日お熱が出て来れなかったRちゃん、K君、

    おうちのお出かけで来れなかったお友達、神さまがみんなを守って下さいますように! 

 

 それから、今日来てくれた3組の親子さんのうち、2組の親子さんが、明日初めて、ぽんぽこではなく、教会に来られます。(1組の親子さんは、おうちでお出かけの予定がありました)来られる2組の親子さんは、教会学校の時間に行なわれる幼児科のクリスマス祝会から、礼拝後に行われるファミリークリスマスまで参加される予定です。ぽんぽこに通い始めて2年3ヶ月のYさん、また、Tさん、どうか、楽しく過ごせますように。 

 

 

   PS.   翌日の幼児科クリスマス祝会〜ファミリークリスマスまで、Yさん、Tさん、来られました!

 

                 10時から3時過ぎまで、こども達もずっと元気でした。

最後、まだ帰りたくないというこども達に、室内にあるすべり台で1回づつ滑ったら、おうちに帰ろうね、というほどでした。

   礼拝の中で一緒に讃美歌を歌った子ども達、また、お母さんの心に、教会はどのように映ったでしょう。

  今日は、片付けが終わった後、ぽんぽこのスタッフで、感謝の祈りを捧げました。来月が待ち遠しいです。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-14 23:22:02 (664 ヒット)


楽しみにしていた小学科クリスマス祝会を、12月12日教会学校の時間に行う事ができました。
この日は、牧師先生がお話しをしてくださいました。

ルカによる福音書2章1節〜11節を読んでくださり、
「イエス様は、皆さんひとりひとりのためにこの世に生まれてきて下さったのですよ。」
というメッセージを聞くことができました。

そして子供たちが(もちろん大人も)楽しみにしていた“ビンゴ大会”を行いました。
サンタさんから大きなお菓子の袋のプレゼントをいただき大満足の小学生たちでした。

今年も皆様のお祈りお支えをいただき守られ恵みの中に過ごすことができました。
感謝申し上げます。
子供たちの成長、救霊の上にこれからもお祈りに加えていただければ幸いです。



     


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-12 18:59:50 (563 ヒット)

土曜日の夕方4時から、教会のすぐ近くのKさん宅で
赤塚地区集会が持たれました。年代もちがい、それぞれの背景もまったく違う人々、
そして外国の方もむかえて、ぜんぶで12名の方が集まりました。
聖書のルカ1:57〜66から、牧師先生がメッセージしてくださり、
ザカリアとエリサベトの信仰にならい、私たちも主のご降誕に心備えるひと時とされました。

いつも私たちをあたたかく迎えてくださるK姉の手料理の数々!
それに、お家からケーキを焼いて持って来られた方も! 
もう、こころもカラダも喜ぶ、ヨロコブ!!
皆さん、教会とはまたひと味違う、うちとけた雰囲気の中で、
文字どおり アットホーム に。交わりの中で、それぞれご家族のご病気のことや、
お子さんの成長の課題や進路のことなど、一緒に喜んだり、心配したり・・・。 
お聞きしたことがまた、祈りの課題になったりします。
主のお導きを期待して。

この交わりの中心に見えざる賓客として、イエス様がおられることを実感!
お家を開放してくださったKさんに感謝。 

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-10 23:07:13 (798 ヒット)

 

 本日は赤塚教会のハンドベルクワイヤが病院を訪問しました。

入院中の皆さんとともに礼拝をご一緒しました。

赤塚教会名誉牧師の児玉振作先生が聖書からのお話しをなさり、
ハンドベルクワイヤがクリスマスの賛美歌を演奏しました。

楽しみに待っていてくださった方もおられたようで、感謝でした!

♪ ああ、ベツレヘムよ   と、  ♪ うれしきこのよい(動画の讃美です)  
そして、最後に参加された皆さんと一緒に、ハンドベルの伴奏で  
♪ きよしこの夜  を讃美しました。

病気を持ち、おつらい病院生活の中にも、毎日礼拝の時間があり、
祈りがそこにあることを見せていただいて、人間には身体の癒しだけでない、
たましいの癒し、そして、全人的な癒しが必要であることを思わせられました。

車椅子のひざの上に聖書を置き、こころから喜んで讃美しておられる
入院患者さんの笑顔が忘れられません・・・。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-03 00:56:06 (688 ヒット)

世界バプテスト祈祷週間特別礼拝のあと、皆さんとご一緒においしい食事をいただきました。

本日のメニューは、パエリヤ(スペイン料理)、チーズマッシュポテト、野菜の浅漬け、ロマンス漬け(大根の砂糖漬け)、コンソメスープとみかんにコーヒー  何と豊かな食卓でしょう!

お食事をしていただいて、それが世界祈祷日の献金になるということで、皆さん喜んで食べてくださいました。ご奉仕くださった女性会の皆さん、感謝します!!

 
 
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-03 00:20:40 (490 ヒット)

11月20日(土)3組の親子さんが見えました。

「ろうそくパッ!もひとつパッ!あかりをともして こんにちわ〜…」いつもの合図で、ぽんぽこがはじまります。

出席シールを貼って、さっそく絵本を読みました。

あれっ、最初から来てくれているYちゃんの目に涙がたまっています。とてもシャイな女の子で、場に慣れるのにちょっと時間がかかるのだけれど…。

お口がへの字になっていても、変わらずかわいい。ベソかきたい日だってあるよね。なのに、よく来てくれました。

絵本の次は、紙芝居です。教会にある紙芝居用の木のケース、なんとも味わい深い、年代物です。いったい、何人の子ども達が見つめてきたのでしょう。今日も身を乗り出して見ています。

紙芝居の後は、ちょこっと手遊びをして、また絵本を読んで、それから、ティータイム。

いつもは喉を潤すだけですが(お昼ご飯の前だしね)この日は、参加されていたお母様方と来月の相談をしました。

クリスマスだし、ケーキの用意をしていいかなぁ?

話しは盛り上がり、ケーキだけでなく、食事もしようという事になりました。では、クリスマスぽんぽこということで…。

来月初めていらっしゃる方がおりましたら、どうぞ心配なさらずに来て下さいね。

この日参加された3名の方々も、教会という場所に初めて来られた方々で、最初はドキドキしながら訪れたのではと思います。どんな印象だったか、今度聞いてみようかな?

 

そして、ぽんぽこが終わると、私達はいつも心から主に感謝し、また次のぽんぽこを覚えて祈ります。神さま本当にありがとう。

                                    


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-02 23:25:05 (780 ヒット)

秋の一日、すばらしい山の景色を楽しみながら、スキーゴンドラで山頂へ。

山頂からしばらく山の小道を散策して記念撮影。 紅葉した木の葉が敷き詰められた山道は、
とってもフカフカして歩きやすく、足取りも軽く皆さん楽しそうでした。

最後まで皆さん元気に参加され、総勢21名の楽しい旅となりました。

来年はもっとたくさんの方が参加されるとイイナ!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-02 21:14:07 (922 ヒット)

 

 こどもおたのしみかい
お話し:カナの結婚式 水をぶどう酒に変える奇跡 (イエス様のなさった最初の奇跡) 

「だれでも初めに良いぶどう酒を出し、酔いがまわったころに劣ったものを出すものですが、
あなたはよいぶどう酒を今まで取って置かれました。」
イエスは、この最初のしるしをガリラヤのカナで行って、
その栄光を現された。それで、弟子たちはイエスを信じた。
                                                                         ヨハネによる福音書 2:1〜12

  

初めてのおともだちもきてくださった楽しいひとときを感謝します
魚つり ゲームをしたり、讃美歌を歌ったり
ワイワイつくったおやつもとってもおいしくできました!♪♪

 

                    http://akatsukakyokai.org/modules/pico/index.php?content_id=29               


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-02 20:59:50 (726 ヒット)

 11月28日 世界祈祷週間特別礼拝がもたれました

世界バプテスト祈祷週間の起りは、1873年から40年もの間、中国伝道に身をささげたロティー・ムーンという、ひとりのアメリカ南部バプテスト宣教師の祈りを、本国のバプテストの女性たちが引き継いだことに始まります。
祈祷週間を定め、献金をささげて世界伝道に立ち上がりました。

それは、主が私たちのところにおいでになった「クリスマス」を感謝し、主を喜び祝うにふさわしい、私たちの側からの主へのささげものと考えたからです。

この日、赤塚教会の礼拝では民族衣装に身を包んだ女性会の数名の方々によって、私たちバプテストの群れが関わっているタイ・ルワンダ・インド・シンガポール各宣教地の報告等がなされました。
スクリーンに次々現れる現地の人々の写真によって、私たちは彼の地の人々の状況を、よりよく知ることが出来ました。

皆で祈りをあわせ、献金をささげて、神がなされる世界伝道の業に、私たちも参加できたことを感謝しました。
  


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-02 20:47:32 (654 ヒット)

去る年9月19日の主日礼拝の中で、「敬老の日」をお祝いするときが与えられ感謝でした

小学科、幼児科の子供たちが、一人ひとり、神さまの祝福でいっぱいの愛する先達の皆様に
プレゼントを差し上げました  いつもありがとうございますと感謝の気持ちをこめて
<心のこもったプレゼントは抹茶ケーキ♪などなど、“オリブの会”の方々が手作りして下さいました>

「白髪は輝く冠、神に従う道に見いだされる。」(箴言16:31) 


« 1 ... 5 6 7 (8)
PageTop「ャ