ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
17 人のユーザが現在オンラインです。 (2 人のユーザが ニュースレター を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 17

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 7
昨日 : 3232
総計 : 6758167581675816758167581
平均 : 3030
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-01-19 23:14:54 (286 ヒット)

本の紹介、たくさん読んでいるようで、実は、
「こんなに読んでいないのか! ?」と
驚いています、正直なところ。

そんな私から、イチオシの一冊。「人生を変える力〜実り豊かな人生の秘訣〜」
まさに大人向きですが、数多くあるリックウオレンの著書の一冊。

自分の人生を変えたいと願うなら、考え方を変えなければなりません、と語る12章を読んでみてください! ! M.K


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-10-10 15:22:16 (4106 ヒット)

 お知らせです。 

若松バプテスト教会第9代牧師 吉田敬太郎著 「汝、復讐するなかれ」 この本を若松バプテスト教会120周年記念行事の一つとして、再販しました!

定価: 1部1,000 (消費税込み、送料はこちらで負担)

ご注文は: Tel & Fax 093-761-1492 
または 
E-Mail: churchwakamatsubaptist@gmail.comまで

振込みは: 郵便振替による振込み  加入者名 若松バプテスト教会

口座番号 01700-6-15096 (振り込み料金はご負担ください)

発行は:  日本バプテスト連盟 若松バプテスト教会

808-0014  北九州市若松区栄盛川町9-1  

若松バプテスト教会の9代目の牧師、吉田敬太郎先生は、先の大戦時、衆議院議員でしたが、終戦に向けた活動を始めたため、軍法会議にかけられ福岡刑務所に収監されます.国賊の名のもと、拷問につぐ拷問.怒りと憎しみの中で身を滅ぼす寸前、聖書の「愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りに任せなさい.復讐はわたしのすること、私が報復する」の言葉に出会い、人生が180度転換.命ながらえ、戦後は牧師にして、若松市長、北九州市市長職務執行者、キリストにある新しい、波乱に富んだ人生を送りました.

若松バプテスト教会100周年記念誌で、荒瀬 昇先生は次のように書いておられます。

「若松バプテスト教会宣教100周年記念誌」より抜粋

吉田敬太郎牧師が八十九歳で召天されて数日後、吉田種代夫人を弔問しました。その時夫人は、「これからの仕事として、主人が書きのこしていた獄中記がありますので、それをまとめて本にしたいと思っています」ということを話して下さいました。(これが、この「汝、復讐するなかれ」の本です。)

この獄中で、吉田牧師が、イエス・キリストと出会われたのです。戦争も終わりに近い三月ごろ、当時国会議員だった吉田先生は、「この戦争は負ける、早くやめるべきである」と発言されたことが、戦争敗北主義者として、軍の怒りを買い、憲兵隊に捕らえられ、弁護人もいない軍法会議で有罪、福岡刑務所で服役させられました。

獄中での吉田先生の心境は、怒りと復讐の心でいっぱいでした。仏教徒であった先生は心の安らぎを得ようと仏典を読みました。また同時に、故原松太先生(当時西南女学院院長)から差し入れられた聖書を読み始められたのです。ある日、放り投げた聖書が開かれたページ、それはローマ人への手紙12章でした。「愛する人たち、自分で復讐せず、神の怒りにまかせなさい。・・・善をもって悪に勝ちなさい。」(12章19〜21節 新共同訳) 復讐心でみちていた先生にとって、それは驚きであり、心に新しい光を与えるものでした。

これがキリストとの出会いとなり、十月、釈放されるや、シオン山バプテスト教会で、故三善牧師からバプテスマを受けられました。

若松市の自宅で聖書研究会を開かれると、古い教会員を始め新しい人も、その研究会に参加され、やがてそれが若松バプテスト教会の復興になりました。吉田先生は、自ら牧師になろうとされたわけではありません。教会員から押し出されて牧師になられたのでした。

当時、福岡県知事だった杉本勝次氏(福岡バプテスト教会員)からの強い要請があって、若松市長に立候補、そして当選して三期十二年をつとめ、若戸大橋をつくり、五市合併の推進を果たされました。

晩年、吉田牧師は月一回の礼拝説教の外、11月の大分教会の礼拝説教まで、体力の許すかぎり、全国の教会の特別伝道集会その他の講師として、奉仕をつづけられました。それが吉田牧師の「生きる喜び」だったのでした。 


PageTop「ャ