ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
12 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュースレター を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 12

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 1212
昨日 : 1818
総計 : 7617076170761707617076170
平均 : 2929
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-07-31 20:56:38 (371 ヒット)

    

 

教会の様子は、赤塚バプテスト教会 
 facebook からもどうぞ 

 アブラハムが九十九歳になったとき、主はアブラムに現れて言われた。
『わたしは全能の神である。あなたはわたしに従って歩み、全き者となりなさい』
(創世記 17章1節)。
 アブラムは神様からアブラハムという名前をいただいて、
99歳にして新しい信仰のスタートを切りました。

 99歳という高齢のアブラハムに対して神様が顕れ、
呼びかけられたというのはすごいことだと思います。
しかも全き者になりなさい、とまで言われています。神様はこのように、
私たちに対しても、幾つになっても呼びかけておられるのではないでしょうか。

 神様にあっては、私たちは幾つになっても、何歳からでも、
スタートできるのではないでしょうか。アブラハムは99歳からのスタート、
あなたはどうでしょうか。

 

  全文は   ■メッセージ   
http://akatsukakyokai.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=169 



夏は涼やかなガウンの聖歌隊♪ 主を仰ぎみて讃美します♪

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-05-11 23:09:00 (378 ヒット)

 

墓前礼拝から始まって、教会学校、バプテスマ式、朗読劇など、もりだくさんのイースターでした。

Posted by 赤塚バプテスト教会 on 2014年4月21日



宣教:「そこで会うことになる」


最も大切なこととしてわたしがあなたがたに伝えたのは、わたしも受けたものです。すなわち、キリストが、聖書に書いてあるとおりわたしたちの罪のために死んだこと、 葬られたこと、また、聖書に書いてあるとおり三日目に復活したこと、 ケファに現れ、その後十二人に現れたことです。 コリントの信徒への手紙一 15章3-5節
 
あの方は、ここにはおられない。かねて言われていたとおり、復活なさったのだ。さあ、遺体の置いてあった場所を見なさい。マタイによる福音書28章6節

聖書::あなたがたは、恵みにより、信仰によって救われました。このことは、自らの力によるのではなく、神の賜物です。  エフェソの信徒への手紙 2章8節

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-04-14 22:02:13 (455 ヒット)

「イースターってなあに?」
【イースター豆知識
click♪

20日(

●午前10時から: みんなで聖書を学ぶ教会学校 
   小さなお子さまから成人までの各クラス(新来者クラスもあります) 

●午前11時から:イースター礼拝
 聖書のお話、聖歌隊賛美、子ども、中高生・青年賛美などがあります
  ※礼拝の中で、席上自由献金があります。  

●午後  4時から:中高生による イースター朗読劇 
「むねあかどり」… ノーベル賞作家ラーゲルレーヴ作。
  神さまが天地創造されたとき、小鳥たちに絵筆で色を塗られた。ある一羽には灰色を塗り、「むねあかどりだ。」と言われた。

どなたでもお気軽にお越し下さい!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-04-07 19:29:59 (360 ヒット)

 イースター豆知識


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-03-02 22:17:32 (373 ヒット)

 

主は恵み深く、苦しみの日には砦となり
主に身を寄せる者を御心に留められる。 

新共同訳聖書 ナホム書:1章 7節 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-01-29 20:10:10 (346 ヒット)

 
本日の主日礼拝は、宣教は児玉振作名誉牧師により
「我らの祈り」と題して
 
信仰を新たにして主に従う者としてあるようにと 
語られました
 
 
聖書箇所:【ダビデの詩】
主はわたしの光、わたしの救い
わたしは誰を恐れよう。主はわたしの命の砦
わたしは誰の前におののくことがあろう。
詩編 27編 1節 

午後からは、壮年会、女性会、それぞれ例会がありました

聖書を共に学び、共に祈る、
毎月第4日曜日にひらかれる集いです

そして、ティータイム♪♪、お菓子をいただきながら
和やかに楽しいお話しで盛り上ります


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-01-20 21:51:37 (337 ヒット)

ああああああああああああ  

   キリストにある一致

 
こうして、わたしたちは、もはや未熟な者ではなくなり、人々を誤りに導こうとする悪賢い人間の、風のように変わりやすい教えに、もてあそばれたり、引き回されたりすることなく、むしろ、愛に根ざして真理を語り、あらゆる面で、頭であるキリストに向かって成長していきます。





キリストにより、体全体は、あらゆる節々が補い合うことによってしっか
り組み合わされ、結び合わされて、おのおのの部分は分に応じて働いて体を成長させ、自ら愛によって造り上げられてゆくのです。  
      エフェソの信徒への手紙4章14-16節 

ああああああああああああ 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-01-19 21:34:22 (344 ヒット)



 

新年第2週の礼拝では
「主にある新しい生活を生きる」と
題してメッセージが語られました

すべての人に恐れが生じた。使徒たちによって多くの不思議な業としるしが行われていたのである。

 信者たちは皆一つになって、

すべての物を共有にし、 財産や持ち物を売り、おのおのの必要に応じて、皆がそれを分け合った。 

そして、毎日ひたすら心を一つにして神殿に参り、家ごとに集まってパンを裂き、喜びと真心をもって一緒に食事をし、神を賛美していたので、民衆全体から好意を寄せられた。こうして、主は救われる人々を日々仲間に加え一つにされたのである。  
聖書箇所:使徒言行録2:43-47 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-01-03 12:22:04 (374 ヒット)

 

 

元旦礼拝には、北地区の諸教会から、147名もの兄弟姉妹が集まり、
常盤台の友納靖史牧師より「神の恵みを生かす、この年」と
題した宣教を頂きました。
 (ペトロの手紙-4711節)

また、サンビーズ(いろいろな教会の壮年がメンバーです)、
常盤
台の有銘先生ご夫妻による賛美もありました。

新しい年、今年もイエス様と出会う方がたくさん起こされますように!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-12-29 20:32:48 (323 ヒット)

 

     

 喜びのクリスマス…
礼拝は、いつもの倍近くの方と一緒にお捧げすることができました。
礼拝後のファミリークリスマスでも、美味しい食事を楽しみながら、
余興に笑い、感動し、初めて参加された方も笑顔で帰られました。
共にイエス様のご降誕をお祝いできた喜びのクリスマス。
神様ありがとう!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-12-01 09:17:42 (397 ヒット)

 

 

   赤塚教会クリスマス        
■1222()  午前10時〜
   幼児、小学生、中学生、高校生、大人の方の クリスマス祝会
  メッセージ、讃美 お楽しみゲームなどなど
  
     

                         ■午前11時〜
   ★ ク リ ス マ ス 礼 拝
  私たちのために救い主イエス・キリストがお生まれになったことを喜びと讃美をもってお祝いしましょう 初めての方もご一緒に!

                          ■午後1245分〜
          
ファミリー クリスマス
  おいしいお食事と楽しいゲームをして、一緒にクリスマスをお祝しましょう
 
 

■1224()  午後 7 時〜8
   キャンドル・サービス 
  静かな夕べに、キャンドルを灯し、クリスマスキャロルと聖書朗読でイエス・キリストのお誕生を祝います
 

              
キャンドル・サービス終了後

         ★ キ ャ ロ リ ン グ
  聖歌隊が、ご家庭をまわって、讃美をいたします
 

 
ご自由にご参加ください。皆様のおいでを心よりお待ちしています

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-10-15 19:13:39 (376 ヒット)


 

礼拝の中で献児式が執り行われました
「教会にとっても大きな喜びです!! 

ご両親に抱かれて神の御前に出たこの幼子が、
「これからの歩みが神と共にあるように」、
「神と人に愛される子として成長できるように」、
「神より授けられた子供を両親が大切に育てられるように」と
教会員一同心を合わせて祈りました 
 

本当に赤ちゃんをみると暗い心に光がさしたように、
温かいきもちになり癒されますね
おめでとうございます


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-10-05 12:30:29 (367 ヒット)


 2013年 秋 赤塚バプテスト教会
特別集会ご案内    

講師: 矢野 満(やの みつる)先生
(千葉バプテスト教会牧師)
 
 

日時 1012()13日()     
*12日(
) 午後2:003:00
      「罪人の私を」 

   *13日() 午前11:0012:00
        「我は道、真理、命」  

         
           ご 挨 拶
赤塚バプテスト教会では、毎年、特別なプログラムを持ち、地域の皆さま方に、聖書を通して、神のみ言葉に生きるすばらしさをご紹介してきました。今回は矢野 満先生をお迎えして、10月12日・13日に特別集会を行います。どうぞお誘い合わせておいでいただけますよう、ご案内申し上げます。    赤塚教会牧師 石堂雅彦 

講 師 紹 介     矢野 満(やの みつる)先生  <プロフィール>
1953年東京都豊島区生まれ。 中学3年の時に松戸に転居。 1972年明治学院大学文学部仏文科入学。大学2年生の夏、日本バプテスト連盟志村バプテスト教会(東京都板橋区)において受浸。1976年4月、(株)白洋舎に入社するが、 2年7ヶ月で退社。 同時に結婚。 その後、 職を転々とし1981年5月、(株)ヨルダン社入社。 1990年1月、 日本バプテスト連盟出版部に就職。2002年3月まで機関誌『バプテスト』誌の編集に従事する。 2002年4月より菊池シオンキリスト教会(熊本県合志市)牧師。
2011年11月より千葉バプテスト教会牧師。趣味は高校野球地方予選観戦と温泉。妻は同教会教育主事。 娘2人、孫3人。
  千葉バプテスト教会HP URL:http://chibabaptist.web.fc2.com/index.html   


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-05-11 05:44:01 (741 ヒット)



☞ 特別集会チラシ裏はこちら

5月25・26日 特別集会

◆講師: 野口哲哉(のぐちてつや)先生
日本バプテスト連盟宣教部長

◆日時: 5月25日(土)・26日(日)

25日(土) 午後2:00〜3:00 
「すべてが変わった」 
ルカによる福音書 19:1〜10

26日(日) 午前11:00〜12:00 
「すべては後で分かる」
ヨハネによる福音書 13:1〜8


<ご挨拶>

赤塚バプテスト教会では、毎年、特別なプログラムを持ち、地域の 皆さま方に、聖書を通して、神のみ言葉に生きるすばらしさをご紹介してきました。今回は野口哲哉先生をお迎えして、5月25日・26日 に特別集会を行います。どうぞお誘い合わせておいでいただけますよう、ご案内申し上げます。                                    赤塚教会牧師 石堂雅彦

野口哲哉先生プロフィール>

196075日生 福岡県久留米市出身
1983年、西南学院大学経済学部卒業後、会社員として広島で過ごしている時に、広島教会の特別伝道集会に導かれ、19873月信仰告白・バプテスマを受ける。       
1992
年、西南学院大学神学部を卒業後、北九州教会牧師(6)、岐阜教会牧師(12)、現在は日本バプテスト連盟宣教部長。東京北教会協力牧師。妻と娘(23)と息子(13)の四人家族

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-03-31 20:46:52 (412 ヒット)

 

 イースターおめでとうございます!

   先週の主日(日曜日)からの1週間、私たちは受難週の時を過ごしました。主イエス・キリストは十字架におかかりになり死なれました。  

  しかし、主は3日目に復活されました。十字架、そして、復活、それは私たちのためだったのです。十字架、それは私たちを罪から救うためのことです。復活、それは私たちが新しい命に生きるためのことです。  

  聖書を読む時、聖書の言葉を聴く時、この 「私たちのため」ということをおぼえていただきたいと思います。主といつも一緒にいた弟子たちは最初から十字架と復活が 「私たちのため」であったとは分かりませんでした。しかし、復活の主と出会った時、主の語られた言葉を思い出し、そのことが分かったのです。 

今日の礼拝後、みなさんに卵が配られます。これはイースターエッグと言って、新しく生まれることを意味します。イエス・キリストとの出会いを体験することによって、罪と死に支配された古い自分という殻を破り、イエス・キリストが与えてくださる新しい命に生きる者とされるのです。イエス・キリストと共に生きる人生が始まるのです。この恵みに一人でも多くの方があずかりますように! 

 
 
 
 
 
 
 


  
 
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-03-23 20:55:42 (559 ヒット)


赤塚教会石堂牧師の病気入院に際し、
2012年9月から2013年3月までの7ヶ月間、
 
大久保バプテスト教会( http://okubo-bap.org/)より 
河野信一郎牧師を宣教者として第三主日に派遣していただきました。 

3月17日の最後の宣教、
 
赤塚教会員から河野牧師への感謝の寄せ書きを
心をこめて贈らせていただいた様子です。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-02-11 19:12:36 (720 ヒット)

 
 2013年赤塚教会 
チャペル・コンサートのご案内

チェロ奏者 ベアンテ・ボーマン氏を
お迎えして
  
 
 
2013年3月16日(土曜日)
 午後2時より  
赤塚バプテスト教会にて

 

土曜の午後のひと時

至福の音色で

あなたの心を癒やします

この機会に是非お出かけください 

◆ ベアンテ・ボーマン≪チェロ≫
スウエーデンのファルン市で生まれる。 12歳の時、チェロを始める。
1967ー71年ストックホルム王立音楽大学でグスタフ・グレンダール教授に師事、最優秀賞の殊勲メダルを授与され卒業し1971ー1972年スウェーデンのゴッテンブルグ市(スウェーデン語ではイエーテボリ市)の国立歌劇場の首席チェロ奏者を務める。
海外派遣留学生、及び、西ドイツ給費留学生として1972ー1975年まで国立フォルクヴァンク芸術大学マスタークラスにてポール・トルトリエ教授に師事する。最終的にフィンランド政府給費留学生としてシベリウス・アカデミーのマスタークラスにてアルト・ノラス教授に師事し1979年首席で卒業する。
1980年から2011年3月までの31年間、東京交響楽団の首席チェロ奏者を務め退職、現在は客演首席チェロ奏者として、玉川大学芸術学部の非常勤講師として後進を指導する一方、室内楽等の演奏活動の他にチャペルコンサートをはじめとする宣教の働きに携わっている。

◆ ルリ子・ボーマン≪ピアノ≫
1972年武蔵野音楽大学卒業。ドイツ国立フォルクヴァンク芸術大学マスタークラスでデトレフ・クラウス氏に師事し1975年に卒業。夫君の伴奏や通訳を担当している。1994年より協力宣教師としていくつかの教会の働きをサポートしている。2006年4月より、お茶の水クリスチャンセンターのご依頼で「賛美と聖書の学び」を、2010年1月1日よりお茶の水クリスチャンセンターのホームページ「日々の聖句とヒント」を担当している。また、超教派のボランテイアの働き「賛美と御ことばと、祈り」の集会WOGA(The Word of God Acts=神のことばが働く)を8県で月一回行っている。牧会神学博士(D. Min.)でもある。

 

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-02-10 14:48:14 (546 ヒット)

 

今年のイースターは3月31日です
イエス・キリストの復活をご一緒に
お祝いいたしましょう!


イースターは復活祭ともいい、イエス様の死後3日目の復活を記念する日です。
後年春分の後の第一の満月後の日曜日と定められたので、毎年日にちが違います。
2013年は3月31日です。
私たち人間の罪の結果である死に、勝利をもたらしたキリストの復活の日を記念し、
教会では特別な礼拝が行われます。
イースターエッグは復活を象徴するものとして古くから用いられています。 
2000年ほど前に、神様がひとり子、イエス・キリスト(救世主 メサイア)を
この世に送ってくださいましたが、人間達は十字架に架けて殺してしまいました。
しかし、神様はそのひとり子を3日目に蘇らせて再びこの世に送ってくださいました。
これを記念として神様を讃えるのがイースター(復活節)です。
キリスト教信者にとってはクリスマスと並ぶ、大切な日なのです。
イースターにどうぞ教会においでください。

 

 


 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2013-01-19 20:00:15 (491 ヒット)

2012年12月24日 赤塚教会 キャンドルサービスの讃美と

児玉振作名誉牧師のメッセージはこちらから

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-12-30 17:47:28 (619 ヒット)

                                                                                         クリック! で拡大します♪♪♪

う、うれしいぃ〜 !

クリスマス礼拝の出席者は110名、ファミリークリスマスの出席者も110名、翌日のキャンドルサービスの出席者は100名と、いずれも大勢の方とイエス様のお誕生を祝うことが出来ました!

そして、神様、ありがとう!1222日の午後より、34日で病院の外泊許可がおりた石堂牧師と、共にクリスマスを祝うことが出来ました!

クリスマス礼拝の前に行われた、2名の方のバプテスマ式での石堂牧師のお祈り、両手を支えてもらいながらの祝祷、胸がいっぱいになりました。神様の愛に包まれた礼拝でした。心から感謝!

午後から行われたファミリークリスマスでは、女性会特製、ミートソースの上にマッシュポテトとチーズをのせて焼いたシェパードパイ、チキンのトマト煮込み、焼き野菜、パン、プリン、イチゴとバナナとマシュマロのチョコレートファウンテンと、美味しいお料理を頂きました。そして、フルート演奏、なぞなぞ、ギター弾き語りと有志のコーラス、その日にバプテスマを受けた兄弟の「時の過ぎゆくままに」。ジュリー!という歓声が上がりました。

アットホームなファミリークリスマスも定着してきましたね。

初めて参加された方もくつろいで過ごして頂けました。

来年は、より多くの方と共に、本当のクリスマスを過ごすことが出来ますように!

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-12-09 17:57:11 (824 ヒット)

 

 クリックで拡大します♪

   赤塚教会クリスマス
            

■12月23
日(日)  ■午前10時〜
   ★幼児(赤ちゃんから小学校前のお子さん)、小学生、中学生、
高校生、大人の方の クリスマス祝会
メッセージ、讃美 お楽しみゲームなどなど

 

                         ■午前11時〜
   ★ ク リ ス マ ス 礼 拝
私たちのために救い主イエス・キリストがお生まれになったことを
喜びと讃美をもって共にお祝いしましょう

 

                         ■午後12時45分〜
      
★ファミリー クリスマス
みなさんとお食事を共にいただき、ビンゴなどの ゲームをしたり♪♪
クリスマスのお祝をいたします

 

■12月24日(月)  ■午後 7 時〜8時
    ★キャンドル・サービス
静かな夕べに、キャンドルを灯し、クリスマスキャロルと聖書朗読で
イエス・キリストのお誕生を祝います

 

            ■キャンドル・サービス終了後
        ★ キ ャ ロ リ ン グ
聖歌隊が、ご家庭をまわって、讃美をいたします

ご自由にご参加ください。皆様のおいでを心よりお待ちしています


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-09-16 00:14:10 (580 ヒット)

2012年 秋の特別集会  

平和をつくる者

10月7日(日)

午前11時〜12時15分
ゴルフレッスンプロ川田道行牧師が語る
聖書のおはなし★

プロフィール
1950年埼玉県川越市に生まれる。大学卒業後、日高カントリークラブに研修生として入社。新井規矩雄、金井清一両プロに師事し、プロゴルファーを目指す。その後、ティーチングプロとしてゴルフレッスンをする。同時に22歳頃より「死の恐れ」を考えるようになる。誰に聞いても納得のいく答えは与えられず、教会の礼拝に出席するようになる。1977年のクリスマスイヴに信仰告白をし受浸する。その後、33歳の時東京基督神学校に入学。36歳より新所沢バプテスト教会で宣教師と共に開拓伝道を始める。2002年に川越バプテスト教会(フレンドシップチャペル)に移り現在に至る。

   クリック! 拡大してご覧ください!!!        


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-08-07 20:59:33 (1069 ヒット)

 8月5日朝礼拝において、

献児式と入会式が執り行われました。 

 

(献児式の説明については7月15日の文をご参考ください。)

 先月に続いて赤ちゃんの献児式が行われました。命は主のもの、主から与えられたお子様の養育に当たるご両親の上にも、主の慈しみと御助けが豊かにありますように。

おめでとうございます!

 本日、 ひとりの姉妹の教会への入会式が行われました。(右の写真→)
前々週に、イエス・キリストに対する信仰を告白し、教会の承認を得て、先週7月29日(日)、教会のサマーキャンプ地である、天城の狩野川でバプテスマ(洗礼)の恵みにあずかりました。(久々に川でのバプテスマ!)
そして今日、礼拝の中で入会式が行われ、私たちの教会の一員となられたことを互いに喜び合いました。
スクリーンには川でのバプテスマの様子が映し出され、キャンプに行かれなかった方々も、この喜びを共有することができました! おめでとうございます!!
このところ赤塚教会に続くうれしいニュースのカズカズ。 献児式もバプテスマ・入会式も、どちらも「あたらしい命の誕生」という点で、私たち教会の大きな喜びです\(^o^)/
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-07-22 21:44:33 (1027 ヒット)

 

7月15日 日曜日  礼拝の中で献児式が執り行われました。

献児式とは(私たちの教会の理解)

私たちの教会員、または教会においでになっている方で
お子様が誕生した時、
自分のお子様に信仰の教育を授けて
信仰を伝えること、教会全体も責任を
もって
これに関わることを誓い、祈る式です。
ご家族と教会全体で協力し合い、お子様がやがて、
イエス・キリストを信じる信仰に
導かれるように祈り、主を伝えましょう。  
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-06-25 21:09:08 (613 ヒット)

 

6月24日、赤塚教会では古家良子先生
(府中教会牧師)をお迎えして、
特別集会を行いました。
 

研修会では古家先生がペトロが
主によって変えられた出来事について、
熱く語ってくださいました。
私たちも主によって新しくされる
恵みが与えられていることを
思わされ、感動して聴きました。
  

  

 

 

 

**写真はクリックで拡大します**


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-06-01 19:56:11 (224 ヒット)

  

 2012年5月27日 ペンテコステ特別礼拝を行いました。

聖書の箇所は使徒言行録2章1〜13節。
同じ個所をタガログ語でフィリピンの姉妹に、
中国語で中国の姉妹に、
そして、日本語で牧師がそれぞれ朗読しま
した。
聖霊降臨の出来事は今も起こっていて、全世界、様々な国の
言葉で聖書が翻訳され、
福音が語られていることを思わされました

聖書:すると、一同は聖霊に満たされ、“霊”が語らせるままに、
ほかの国々の言葉で話しだした。

             使徒言行録:2 4

*ペンテコステ*:イエス・キリストの復活後50日目に、
集まっていた弟子たちに聖霊が降臨した、
“教会が生まれた
を記念して行います。
クリスマス、イースター(復活日)とともに教会の三大祝日。

◆◆ 2012年ペンテコステ礼拝 <3ヶ国語による聖書朗読>
<メッセージ:石堂雅彦牧師>
(音声)はこちらからお聴きください ◆◆ 

  



投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-04-09 23:10:10 (551 ヒット)

4月8日(日)午前7時〜  イースター墓前礼拝
イースター墓前礼拝が所沢霊園の教会墓地にて行われました。美しい朝の光の中で、ともに主の復活を祝い、永遠の命の門を開いてくださった主イエス・キリストに感謝をささげました。天に召された信仰の先輩方のお名前が刻まれた墓誌を見つめながら、私たちもその後を!という新しい決心の時とされたように思います。 
 
                                  
 
4月8日(日)午前11時〜 イースター特別礼拝
喜びの朝を迎え、ともに主のみ名を賛美し、主のご復活をお祝いしました。初めて見えた方、ご家族を誘って参加された方、キリスト教主義学校の生徒さん、求道中の方々をたくさんお迎えしてご一緒に特別礼拝を捧げました。メッセージの中で、人々の目を、声を恐れて、隠れて主を求め信じた人、それがアリマタヤ出身のヨセフであり、ニコデモだったことが語られました。(ヨハネによる福音書19章38〜42節)しかし、その二人が「主を葬る」という大役を担ったのです。神様はそういう人をも、御自身の御用、御計画のために用いてくださる、というものでした。今日信じて、明日はどうなるかわからない私たちの弱さをも、主は顧みてくださる、主のご愛の寛容とその深さに心揺さぶられる思いの方もおられたのでは?
小学科の賛美、中高生・青年の賛美、また聖歌隊の賛美にあふれた、主の復活を祝うにふさわしい礼拝となりました。もちろん、赤塚教会恒例のイースターエッグ、いただきました。ハレルヤ、感謝!

                                   
 
4月8日(日)午後4時〜 夕礼拝・少年少女イースター朗読劇
限られた時間の練習でしたが、中高生9人によるイースター朗読劇が、夕拝後に引き続いて行われました。毎年行われる劇ですが、その時その時、子どもたちの熱演に、毎回感動ものです! 観客の私たちもいつの間にか舞台上の名演に釣り込まれるような思いでした。主の復活は確かなことだった!弟子たちは信じられないような光景を目の当たりにした!恐れの中にいた弟子たちが、主の復活後、明らかに大変化を遂げ、命をかけて主の復活を伝える者とされていった! 少年少女が伝えてくれたメッセージが、終わった後にも、心の中にジーンと響いていました。どうもありがとう! 彼ら自身も「主の復活の証人」とされた思いです。9名のうち2名がクリスチャン、あと7名もいつか本当の「主の復活の証人」とされる日が来ますように(祈)。
       
       
『なぜ、生きておられる方を死者の中に捜すのか。
         あの方は、ここにはおられない。復活なさったのだ。』  
                               ルカによる福音書24章5,6節

  ◆◆ 2012年イースター・メッセージ(音声)
<石堂雅彦牧師>はこちらからお聴きください ◆◆
                

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-04-08 23:55:06 (481 ヒット)


*** イースターおめでとうございます ***


 イースターはイエス・キリストの復活をお祝いするキリスト教の祝日です

クリスマスと並ぶ大切な日です

赤塚バプテスト教会で、主イエス・キリストの復活を共にお祝いいたしましょう
 
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-12-29 23:35:26 (769 ヒット)

                    


12月25日 日曜日、赤塚教会ではクリスマス礼拝が持たれ
小さなお子さん、教会は初めてという方も多くみえられ、ともに主のご降誕をお祝いいたしました。
礼拝のはじめに幼児科の子どもたちのごあいさつと賛美、続いて小学生、
中高生・青年の賛美、教会聖歌隊の賛美と続き、

石堂雅彦牧師より、「喜びにあふれるクリスマス」というタイトルで、
今までとは違う道、イエスキリストを人生に迎え喜びをもって歩むようメッセージが語られ
イエスキリストのご降誕の喜びと感謝、賛美のあふれた礼拝となりました。


家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。
彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。
ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。
マタイによる福音書  2章 10-12
 

            

礼拝後、ドイツのオペラ歌手である、アイリカ・クリシャールさんが、
クリスマスのプレゼントにと特別に賛美をしてくださいました。
すばらしい賛美に会衆一同感動し、神さまからのおもいがけない素敵なプレゼントに感謝しました。


  ■ アイリカ・クリシャールさんが歌うシューベルト『冬の旅』のコンサート 日程 
           2012年1月 5日 練馬文化センター小ホール
           2012年1月19日 大泉学園ゆめりあホール
         チケットお問い合わせ先電話  070-5020-1422
         詳しくは   http://www.cj3.jp/event/views/96881
 
[プロフィール]
アイリカ・クリシャール(ソプラノ)
1983年北ドイツに教会の牧師の長女として生れる。
幼少期より教会音楽に親しみ、5歳の時にピアノを始める。16歳からサンディエゴ音楽院、(独)デトモルト国立音楽大学で声楽を学ぶ。日独国際音楽交流推進協会の専属ソプラノ歌手。優れた歌唱力、声の高密度、色彩コントロールに加えて、モーツァルトの《魔笛》の「夜の女王のアリア」の最高音域 をはるかに超える広い声域を持つ。ドイツ声楽界の未来を担う大型ソプラノとして注目され、とくに教会音楽、ドイツ・リートに造詣が深い。
また東日本大震災による被災者をおぼえ、一日も早い復興を祈りつつ被災地支援チャリティーコンサートなども数々行っている。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-12-29 23:12:06 (643 ヒット)


      聖歌隊 み使いたちの歌     聖歌隊 ハレルヤコーラス   
                                               *クリックで再生します

教会は初めてという方、普段はなかなかおいでになれない方、
教会員のご家族・友人の方々も多くお越しくださいました
静かな夕べにキャンドルを灯し、讃美と聖書朗読、
祈りをもってイエスキリストのご降誕を、心静かに祝いました

 


« 1 (2) 3 »
PageTop「ャ