ホーム メッセージ 月間予定表 ニュースレター お問い合わせ
はじめての方へ
メインメニュー
ログイン
ユーザー名:

パスワード:


パスワード紛失

オンライン状況
7 人のユーザが現在オンラインです。 (1 人のユーザが ニュースレター を参照しています。)

登録ユーザ: 0
ゲスト: 7

もっと...
アクセスカウンタ
今日 : 1414
昨日 : 2929
総計 : 6876768767687676876768767
平均 : 3030
投稿者 : webmaster 投稿日時: 2017-02-21 21:05:57 (21 ヒット)


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2015-08-21 19:46:52 (248 ヒット)

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-12-09 08:10:33 (281 ヒット)

 



投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-07-19 19:51:06 (298 ヒット)

 

     

今日は残念ながら参加者ゼロあせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)あせあせ (飛び散る汗)
ところが、スタッフ3人で、借りてきた絵本や紙芝居、
また、手作り布絵本『なかよし』等を見ていたら、
子ども読書サポーターの田中さん登場!私達3人のために
読み聞かせをしてくださいました。ありがとうね、田中さん。
そして、夕べから39度の熱を出して苦しんでいるお友達。
1日も早く良くなりますように。来月元気で会えますように。

神様、子ども達一人ひとりを守っていてください。
みんなでお祈りしました。また来月ね。
ふなっしー*フナッシー*ご当地キャラ*ゆるキャラ のデコメ絵文字  ふなっしー*フナッシー*ご当地キャラ*ゆるキャラ のデコメ絵文字 
 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-06-21 21:51:13 (278 ヒット)

   

6月21日、蒸し暑いなか、いのりちゃん、しいちゃん、
ゆんちゃんの3人とお母さん達が参加して下さいました。

今日は紙芝居が2つ。絵本の読みきかせが一つ。

絵本の後のおもちゃ遊びは、3人が少しずつコミュニケーションを
とっていく様子に、成長を感じました。
喉が乾いて仲良くジュースを飲んでいると、
絵本サポーター、田中さん登場。
カタツムリが出てくる絵本を読んで、ウクレレ伴奏ででんでん虫のうた。
みんなグーとチョキで上手にでんでん虫の手遊びをしてくれましたよ。

みんなで遊ぶと楽しいね。また来月、待っているからね。  


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-05-20 20:59:58 (297 ヒット)

 

 

  

 もうすぐ二歳のSちゃん、一歳半のYちゃんが、ママと一緒に来てくださいました。
二人ともおもちゃにまっしぐら。教会のおもちゃは楽しいから。
でも、少しずつ絵本に集中できる時間が増えているように感じます。
特に途中から来てくださった読書サポーターの田中さんの読み聞かせには、
二人ともじっと集中していましたよ。
私たちも勉強になります。

もうすぐお誕生日を迎えるSちゃんのパパがお昼頃、
バースデーケーキの試作を持ってきてくれ、みんなで美味しく頂きました。

また来月のぽんぽこお話しの会でお会いできることを楽しみにしていますね。 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2014-01-19 00:06:20 (271 ヒット)

 

本日初参加。Tさんと1才3ヶ月のYちゃん。
仕事で京都から赤塚に越してきたすてきな親子さんです。
Yちゃんは、とても人なつっこい満面の笑顔で私達を元気にしてくれました。
途中から子ども読書サポーターの田中さんも見えて、電子ウクレレの伴奏で歌を歌い、
絵本を2冊読んでくれました。
最後に岩手日報の一面に載った、南三陸鉄道の車内でボランティアとして読み聞かせをしている
田中さんの記事を見せて頂きました。都内だけではなく、福島の被災地にも積極的に出かけている
田中さんの活動の上にもお祈りしようと思います。

来月は、先月初めて見えたSさんや、しーちゃんもお誘いして、
同じ年ごろのお子さんを持つお母様同士の、良き交わりの場になったらいいなぁと思っています。

待ち遠しいなぁ


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-09-20 22:18:06 (424 ヒット)

   

以前2回来て下さったことのある
子ども読書サポーターの田中さんが
やってきました!

さすがですねぇ。
どうしたことか、MちゃんとSちゃん、
ひとりが泣いたら、もう一人も泣いちゃうという状況の中、
田中さんは、なにげにトトロの「さんぽ」を歌いはじめ
次から次に絵本を読み、電子ウクレレで歌い、
また絵本を読み…
Mちゃんも泣くのを忘れて、見入っていました。
また来て下さるといいね。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-08-20 22:12:07 (463 ヒット)


Mちゃんは夏休みで家族でお出かけ。

5月30日生まれのSちゃんが
パパとママとやってきました!
生後3ヶ月にもならないのに、
すごいですね。
赤ちゃんのための絵本、
じぃ〜っと見ていました。
一緒に成長を見せて頂ける私達は幸せです。
感謝!感謝!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-07-23 22:07:10 (496 ヒット)

   

レインコートを着てやってきました!

あんまり可愛くて思わずパチリ。

ご本や紙芝居も興味しんしんだけど、だいぶ慣れてきたのかな?

ぬいぐるみの赤ちゃんを乗せてお散歩です。

帰る後ろ姿も愛おしく、またまたパチリ。

今日来られなかったお友達も

この夏元気に過ごせますように!

 

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-05-21 00:33:33 (450 ヒット)



土曜日のぽんぽこに2組の親子が来てくれました。

幼稚園生でKちゃんと大の仲良しのHくんと三回目のMちゃん

2冊の絵本と2つの紙芝居を楽しみました。

MちゃんはHくんがお気に入り…  ずっと側を離れず一緒に遊んでいました。

ママ同志もお茶席で話しが弾んでいました。

最後にロウソクを消して終わりにしました。

お天気も良く祝された5月のぽんぽこでした。

 
                                                                                                                         


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-04-29 22:53:20 (418 ヒット)

教会バザーの前日、朝からオイシイ赤塚の逸品!

キャーキャー楽しく作っていました。

もちろん、ぽんぽこの準備はぬかりなく、

いつ来てもオーケーよ!

おっ、10時半になった!むむ、11時。

あれっ11時半。オーノー!12時。

ちょうどお昼寝しちゃいました!とメールが。

風邪とかでなくてよかったぁ。

来月に備えて準備しなくっちゃ。連絡ありがとう!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-03-19 21:51:21 (509 ヒット)

小さな小さなぶたが一匹います。みんなで「おおきくおおきくおおきくなあれ」って、
声を揃えて言ってみよう!声に合わせて場面を抜くと、わあ、ぶたが大きくなった! 
うれしいね。子どもたちの声の参加で紙芝居が進行する楽しい紙芝居。
世界中で人気ナンバーワンです。




またまた3週目の土曜日、朝から雨でした!

そんな中、Sさん来られて感謝感謝!

来月も楽しみです。

みんな、元気に過ごせますように!主よ、お守り下さい!

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-02-20 21:50:26 (527 ヒット)

 スイミー 小さなかしこいさかなのはなし

作・絵: レオ・レオニ
訳: 谷川 俊太郎

リトル・ママのホームページを見て、やってきたSさん親子。

とっても愛らしいMちゃんは1歳5カ月の女の子。

スイミーは、ママの小学校の教科書にも出ていた物語り。

みんなで心が温かくなりました。

 

 

ちいさな赤い魚の兄弟たちのなかで、1匹だけ真っ黒の魚の「スイミー」
大きなマグロがやって来て、兄弟の魚たちを飲み込んでしまいます。逃げられたのはスイミーだけ。
けれど、海の中にはくらげやいせえび、いそぎんちゃくなどいろんな生き物がいます。そんな中見つけた、スイミーにそっくりな小さな赤い魚たちに「遊ぼう」って誘っても「大きな魚に食べられるから」と岩陰から出て来ません。
スイミーは考えて・・・皆で大きな魚のふりをして泳ごうとみんなを誘います。赤い魚たちの中でスイミーは目になって、みんなで力を合わせ大きな魚を追い出しました。

スイミー 小さなかしこいさかなのはなし

 

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2012-01-31 22:19:00 (489 ヒット)

 
残念ながら今日も雨。参加者はありませんでした。
でも、嬉しいことに、以前取材を受けた『リトル・ママ』のホームページを
見た方から連絡がありました。
2月に来ますとの事。みんなの体調が守られるように祈ります。

 
 
『リトル・ママ』のホームページ記事はこちら▼ ▼ ▼
http://tokyo.l-ma.jp/tokyo/interview_circle/201005/8538/
住宅街に佇む赤塚バプテスト教会の1階には、幼児科のお部屋があります。そこで毎月1回行われる読み聞かせの会が「ぽんぽこお話の会」。小さい子の耳に残りやすい、「ぱ行」のことばを使ってつけた名前です。
教会というと少し入りづらい印象がありますが、心配ご無用!代表の河東さんはじめ、スタッフのみなさんが暖かい笑顔で迎えてくれます。読み聞かせをする部屋は、子どもが大好きなおもちゃでいっぱい。大きなテーブルに座って何冊かの本を読んだあとは、手遊びやパズル遊びがはじまります。折り紙のコマで競争した時には、誰が一番回していられるかな?と大いに盛り上がりました。おやこで楽しんだあとは、ティータイムでほっとひと息。ママの会話も弾みます。リラックスしたところで、もう1冊読み聞かせ。そしてこの日はクリスマスの紙芝居と内容も盛りだくさん。充実した時間はあっという間に過ぎていきました。「地域の方が気軽に集まれる憩いの場になって欲しい、豊かな心を持つ子どもが育って欲しい」という思いからはじまった読み聞かせの会。この日参加していたママも、教会の前に出ている読み聞かせのお知らせを見たのが、通い始めるきっかけだったそうです。「ほっとする」ということばがぴったりのこの場所で、みなさんも同じ地域の方と仲良しになってみませんか。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-12-27 09:32:03 (539 ヒット)

   

12月のぽんぽこは、JPIC子ども読書サポーターの田中さんがお見えになりました。
電子マンドリンでの歌と、絵本で子ども達のハートをわしづかみ。
ブルーナ作「クリスマスって なあに」は、イエス様の誕生が記されている絵本で、
みんなで聞き入ってしまいました。
その後、魚釣りのゲームをしてオォ盛り上がり‼
今日は6組大人7人と子ども8人の参加でした。
新しくお見えになった四葉のSさんはご主人も一緒に来られたのですが、
クリスマスぽんぽこのランチでご主人は、
『美味しい‼ パパいっぱい食べて大きくなるぞ‼』と

シチューを3杯も召し上がりました。 きっと大きくなるね‼


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-11-19 15:37:04 (525 ヒット)

「あたまのなかのそのなかは?」

あたまのなかのそのなかは?

 

作: シスカ・フーミンネ
絵: イヴォンヌ・ヤハテンベルフ
出版社: 講談社 講談社の特集ページがあります!
税込価格: ¥1,575
(本体価格:¥1,500
発行日: 2008年08月
ISBN: 9784062626286

サイズ:A12取ページ数:24
 

「かんがえる」って、どういうこと?「じぶん」って、なに?
子どもにつたえる脳のはなし

神さま、今日もあなたは雨を降らせました。なぜ?! どうして3週目の土曜日なの?

もしかしたら、私達にたくさん話し合う時間を与えて下さるため?

たぶん、いえいえ、きっとそう!来月のクリスマスぽんぽこの計画、お知らせの方法など、話しは盛り上がりましたよ。

他にも、クリスマス合同分級の祝会で読む本を、候補の中から読んで選んで、準備しました。

これいいね!こうしたらいいね!幻を語り合うのは、本当に心オドルひと時です。

どうか、それら幻があなたのみ心にかなったものでありますように!主よ、どうぞ先立ってお導き下さい!

そして、嵐の中でもこようと思うぽんぽこお話の会となりますように、私達もさらに祈ります。どうぞ私達を強めて、あなたの器として用いて下さいね。

ひとりひとりの顔が目に浮かんできました。来月はみんなに会えますように!

 

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-10-19 20:47:30 (521 ヒット)

     10月3週目の土曜日は、朝から強い風と雨で、

これは子どもを連れて来るのは大変だろうな…と案じていました。                      

        

 そんなお天気だったこともあり、参加者はありませんでしたが   

   スタッフ4人でそれぞれ借りてきた絵本を紹介し合ったり、                                             

        また、あの本いいよね!と話し合ったり、

       ゆっくりした時間を過ごすことが出来ました。

             来月も祈って備えます。

 どうぞ神さま、子ども達ひとりひとりを そのご家庭をお守り下さい!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-09-23 23:09:52 (563 ヒット)

                  もりもりくまさん

久しぶりのTさんと、ほとんどオール参加のYさんと、教会にお問い合わせのあったIさんと

                    みんな元気にやってきました!

               子どもって、どうしてこんなにカワイイんだろう。

           顔を見るだけで、ニヤニヤ、いえ、にこにこしてしまいます。

      スタッフとして2回目の参加のTさん、「もりもりくまさん」を読んでくれました。

   図書館で見たとき、子ども達が、からだを揺らして笑っている姿が目に浮かびましたが

               思っていた以上に喜んでくれて、ノリノリでした。

      文章が自然とリズムにのって読めてしまう、不思議な絵本です。わぁ〜ぉ!

                            来月はどんな絵本にしようかな?あらしの夜に もいいよね…。

                   楽しみに待ってて下さい!では


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-08-25 07:55:00 (471 ヒット)

 夏休みなので、おばあちゃんのおうちに行っているお友達もいました。

   そんな中でYさん。 午後から出かけるので今日はお休みしようかと思ったけれど、

        行きたい!というものだから、と元気よく顔をみせてくれました。

   でも最初に、離れて暮らしているおじいちゃんの所に行って来た話をママがしたら、

     シャイなYちゃん。おじいちゃんに会いたくなって、涙がポロリ。とまりません。

    絵本に集中できる訳もなく、1冊読んだところで、みんなで遊ぶことにしました。

          体操教室にいってるYちゃんのポーズに拍手喝采。

             まねしてやった私のポーズに一同大笑い。

                    どこがちがうの???

             ママにそっと「だいすき」と耳打ちするYちゃん。

               愛されて育っているのだなぁと感じます。

          来月もまたみんなに会えますように。祈って準備します!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-08-18 23:57:20 (525 ヒット)

最初から来ているYさんがお友達を誘ってやってきました!

「おれはティラノサウルスだ」 西宮達也 作・絵 (ポプラ社) ご存知ですか?

この本は、親の愛をいっぱいうけたプテラノドンの子が怪我をしたティラノサウルスを助けるお話です。愛されて育てられたからこそ、恐ろしいと思われるティラノサウルスを放っておけず一生懸命に世話をする。プテラノドンの子を暖かく包み込んでいる親の愛のすばらしさを感じます。でも、それだけではなく、恐ろしいと思われているティラノサウルス自身も本当はやさしい存在なのだと気づかされます。愛された者は、きっと相手にも愛を返していくのだろうとこの本を読んで思うのです。私たちにも通じることですよね。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-08-05 21:58:21 (462 ヒット)

          6月は、幼稚園の父親参観日と重なり、

           残念ながら、参加者はゼロでした。

       でも、スタッフ4名で、手遊びのおさらいをしたり、

子ども達への対応、気を配る点、また、今後のビジョンなど話し合う時とされ、

      いつもと同じように、幸せな気分で家路につきました。

                 来月が楽しみです。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-05-28 07:47:37 (546 ヒット)

 

のらねこのポラ (絵本・いつでもいっしょ) 


先月に引き続き、5組の親子さんの参加がありました。

今来ている子ども達は、幼稚園年中さん以下なので、

長いストーリーの絵本を選んでいませんでしたが、

今日は初挑戦!

一番最初に「のらねこのポラ」(ポプラ社・ふりやかよこ著)を読みました。

飼い主のジジが亡くなり、森に捨てられた、こねこのポラ。自然の厳しさを学び、のらいぬのチビとの友情も深めたポラですが・・・。

                           心にジンとくるお話です。

                       みんな絵本を見つめて聞いていました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-04-27 20:00:47 (565 ヒット)



5組の親子さんがやって来ました!

今日一番うけたのは、「は、にげちゃった」という虫歯の紙芝居かな?

自由遊びの時間には、大きな模造紙を床に貼って、大小の迷路を描きました。

けっこうチミツでたどるのが大変でした! 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-04-04 00:42:51 (576 ヒット)


 

3月11日甚大な被害を出した地震がありました。

8日後のぽんぽこに来ること、無理をしないで 

と事前に連絡しました。

でも、私も子どもも行く気満々でいます!とのお返事。

3組の親子さんがみえました。

途中でM さんがご主人と二人で遊園地の割引券を届けに来て下さいました。

Sちゃんは、春休みでおばあちゃんのおうちに遊びに行っているとのこと。

来月には余震もおさまっているといいね。

過酷な状況の中、がんばっておられるお一人おひとりの上に祈ります。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-02-20 18:56:49 (605 ヒット)

  

      5組の親子さんの参加がありました。スタッフ3名含めて、
大人8名、子ども9名、 
元気な子ども達の笑顔に会えて、今日も幸せいっぱいです。
みんなビックリ喜んでくれるかなぁと思い、「ねずみくんのチョッキ」と
「ひつじぱん」を大型絵本で借りてきました。
二人で持って読みました。  
よかったぁ!3回もアンコールをいただきました。
たぁくんが夢の中でおねしょをしそうになると、シーシーが助けてくれるお話です。
今日は風船バレーや、お絵描きもしました。来月、また元気に会おうね!


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2011-01-16 19:50:56 (733 ヒット)

1月のぽんぽこは、初めて参加の親子さん含めて、4組の親子さんが来て下さいました。

絵本・紙芝居・手遊び・ティータイムの後、教会の台所からお鍋を借りて、

おもちゃのお野菜や果物、ケーキ、体温計まで入れて(?)おいしいシチューを作りました。

絵本の中でも、子どものくまさんがシチューを作っていたけれど、こっちの方がおいしそう!

2月の第3土曜は19日。次はいつ?明日ぽんぽこ?と言ってくれる子ども達に励まされ、
とっても嬉しくなりました。


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-18 23:59:16 (570 ヒット)

 

                                     今日は、クリスマスぽんぽこ。

                         みんな来られるかなぁと楽しみに待っていました。

        シチューとサラダとパンと果物、それと手作りのクリスマスケーキ。

        もちろん絵本と紙芝居もバッチリ用意オーケー。(これがカンジン)

  プレゼントも充実!(ライフ・クリエイション せいしょであそぼう ぬりえ&ゲームブック)と、

     みんなにも見せてあげたい、クリスマスクッキーとハート型のパウンドケーキ。

 

    おっ、来たよ きたよ!Yさんが同じ幼稚園のお友達に声をかけてくれたんだね。

  初めて参加のIさん親子もやってきました。よかった!最初から、うちとけてくれています。

        先月、ベソをかいていたYちゃんも、今日は、エンジンぜんかい!!

 絵本・紙芝居・絵本、手遊びが終わると、笑顔がなんともかわいいM君から「おなかすいた!」  

                       のオタケビ。

               みんなもいっせいに「おなかすいたぁ!」

            この後は、みんなで超しあわせなひと時を過ごしました。 

 

 こども4名、おとな3名、スタッフ4名、計11名でした。今日お熱が出て来れなかったRちゃん、K君、

    おうちのお出かけで来れなかったお友達、神さまがみんなを守って下さいますように! 

 

 それから、今日来てくれた3組の親子さんのうち、2組の親子さんが、明日初めて、ぽんぽこではなく、教会に来られます。(1組の親子さんは、おうちでお出かけの予定がありました)来られる2組の親子さんは、教会学校の時間に行なわれる幼児科のクリスマス祝会から、礼拝後に行われるファミリークリスマスまで参加される予定です。ぽんぽこに通い始めて2年3ヶ月のYさん、また、Tさん、どうか、楽しく過ごせますように。 

 

 

   PS.   翌日の幼児科クリスマス祝会〜ファミリークリスマスまで、Yさん、Tさん、来られました!

 

                 10時から3時過ぎまで、こども達もずっと元気でした。

最後、まだ帰りたくないというこども達に、室内にあるすべり台で1回づつ滑ったら、おうちに帰ろうね、というほどでした。

   礼拝の中で一緒に讃美歌を歌った子ども達、また、お母さんの心に、教会はどのように映ったでしょう。

  今日は、片付けが終わった後、ぽんぽこのスタッフで、感謝の祈りを捧げました。来月が待ち遠しいです。

 


投稿者 : webmaster 投稿日時: 2010-12-03 00:20:40 (503 ヒット)

11月20日(土)3組の親子さんが見えました。

「ろうそくパッ!もひとつパッ!あかりをともして こんにちわ〜…」いつもの合図で、ぽんぽこがはじまります。

出席シールを貼って、さっそく絵本を読みました。

あれっ、最初から来てくれているYちゃんの目に涙がたまっています。とてもシャイな女の子で、場に慣れるのにちょっと時間がかかるのだけれど…。

お口がへの字になっていても、変わらずかわいい。ベソかきたい日だってあるよね。なのに、よく来てくれました。

絵本の次は、紙芝居です。教会にある紙芝居用の木のケース、なんとも味わい深い、年代物です。いったい、何人の子ども達が見つめてきたのでしょう。今日も身を乗り出して見ています。

紙芝居の後は、ちょこっと手遊びをして、また絵本を読んで、それから、ティータイム。

いつもは喉を潤すだけですが(お昼ご飯の前だしね)この日は、参加されていたお母様方と来月の相談をしました。

クリスマスだし、ケーキの用意をしていいかなぁ?

話しは盛り上がり、ケーキだけでなく、食事もしようという事になりました。では、クリスマスぽんぽこということで…。

来月初めていらっしゃる方がおりましたら、どうぞ心配なさらずに来て下さいね。

この日参加された3名の方々も、教会という場所に初めて来られた方々で、最初はドキドキしながら訪れたのではと思います。どんな印象だったか、今度聞いてみようかな?

 

そして、ぽんぽこが終わると、私達はいつも心から主に感謝し、また次のぽんぽこを覚えて祈ります。神さま本当にありがとう。

                                    


PageTop「ャ