ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 説教
  4. 【礼拝説教】2021年12月19日「最初のクリスマス」

【礼拝説教】2021年12月19日「最初のクリスマス」

聖書―マタイによる福音書2章1~12節
(はじめに)
お読みしました聖書の箇所には、世界で最初のクリスマスのことが書かれていました。世界で最初のクリスマス。今から二千年ほど前のことです。クリスマスは世界中でお祝いされている行事、お祭りです。クリスマスというと、思い浮かぶのは、クリスマス・ツリーでしょうか、サンタ・クロースでしょうか。私はあるとき、教会を訪ねて来られた方から、こう言われました。「教会でもクリスマスをお祝いするのですね?」そうなんです。教会もクリスマスをお祝いするのです。「教会でもクリスマスを・・・」というのは、もしかすると、教会のクリスマスは世間のクリスマスに比べて、地味なものだからかもしれません。ところで、クリスマスとは何でしょうか?クリスマスとは、イエス・キリストがお生まれになったことをお祝いする時なのです。そういうわけで、今日はイエス・キリストがお生まれになったことを知った人たちがその誕生をお祝いに行った聖書の言葉から聞いていきましょう。

(聖書から)
1、2節には、このようなことが書かれていました。
2:1 イエスは、ヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになった。そのとき、占星術の学者たちが東の方からエルサレムに来て、2:2 言った。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです。」
イエス・キリストはヘロデ王の時代にユダヤのベツレヘムでお生まれになりました。ユダヤはヘロデという王さまが治めていた時代だったということです。ヘロデはユダヤの人ではありませんでしたが、当時、ユダヤはローマに支配されていました。そのローマから、ユダヤをあなたが治めなさい、と命じられて、ユダヤの王さまになりました。ですから、ヘロデ王のことをローマの傀儡政権、ローマの操り人形、手先となった人と言われます。
そして、東の方の国から、占星術の学者たちがユダヤにやって来たことが書かれていました。東の方の国というのは、はっきりとしたことは分かりませんが、アッシリア、バビロン、ペルシャなどの説があります。その人たちがこう言いました。「ユダヤ人の王としてお生まれになった方は、どこにおられますか。わたしたちは東方でその方の星を見たので、拝みに来たのです」。この「ユダヤ人の王としてお生まれになった方」というのが救い主イエス・キリストのことです。
「ユダヤ人の王としてお生まれになった方」。先ほど、ユダヤの王、ユダヤを支配していたのは、ヘロデという王さまであると言いました。ちゃんと王さまがいるのに、占星術の学者たちはこんなことを言うのです。この話を聞いたヘロデ王は驚きました。その驚いた様子が次の3節に書かれています。
2:3 これを聞いて、ヘロデ王は不安を抱いた。エルサレムの人々も皆、同様であった。
「ヘロデ王は不安を抱いた」。不安を抱くのは当然のことです。自分の地位、存在が脅かされるのではないか?とても心配した、不安になったと思います。またヘロデ王だけでなく、エルサレムの人々も不安になった、ということです。ユダヤ人の王が生まれた。これは人々に不安を抱かせることだったというのです。
ところで、このことを話した占星術の学者たちについて、考えてみたいと思います。占星術の学者たち、「博士たち」と訳されている聖書もあります。どちらも間違いではありません。おそらく、東の方の国で星の研究をしていた学者たちのことでしょう。また、星の動きなどを通して、世の中のことを占ったりもしたようです。今で言うならば、学者と占いが混じったようなものだったと思います。
今日お読みしましたマタイによる福音書は、イエス様の弟子であったマタイという人がイエスさまを人々に紹介するために、お伝えするために、それも特にユダヤの人たちに対して、書いたものであると言われます。すると、ユダヤの人たちにとっては、占いをしている人というのは、神さまの律法には、神さまに反するいかがわしい人たちとありましたから、外国の占星術の学者たちがユダヤ人の王に会いにやって来た、という話をユダヤの人たちが読むと、不愉快な思いをしたと思います。ユダヤの人たちにイエスさまを伝えたかったのなら、この話は伏せておいた方が良かったかもしれません。でも、これは本当にあったことだから、大切なことだから、マタイは書いたのだと思います。
ヘロデ王は不安になり、占星術の学者たちが言っていることは本当なのだろうか?と聖書に詳しい祭司長たち、律法学者たちに尋ねることにしました。すると、彼らは聖書の言葉を引用して、このように話しました。
2:5 彼らは言った。「ユダヤのベツレヘムです。預言者がこう書いています。
2:6 『ユダの地、ベツレヘムよ、/お前はユダの指導者たちの中で/決していちばん小さいものではない。お前から指導者が現れ、/わたしの民イスラエルの牧者となるからである。』」
この時代はまだ新約聖書はありませんでしたので、ここで聖書というのは、旧約聖書のことです。そこにはこのようなことが書いてありますよ、と伝えたのです。つまり、聖書にも確かにユダヤ人の王としてお生まれになる方のことは預言されていた。神さまは預言者を通して語っていた、というのです。
さて、占星術の学者たちですが、彼らは自分たちが研究している星に導かれて、ユダヤ人の王、救い主を探しにユダヤにやって来ましたが、ヘロデ王からも、ユダヤ人の王、救い主が生まれることは、聖書にも書いてある、ということを聞いたと思います。星に導かれてやって来た占星術の学者たちでしたが、ヘロデ王を通して、聖書から、ユダヤ人の王、救い主がお生まれになることを聞いたのです。
聖書とは、神さまの言葉です。私たちは神さまに出会う前は、教会に来る前は、いろいろな人間の知恵や知識、経験といったものを頼りに生きてきたと思います。それはそれで意味のあることだと思います。しかし、最も確かな言葉、最も信頼である言葉、それは神さまの言葉です。占星術の学者たちは自分たちの研究している星を頼りにしていましたが、最終的には、神さまの言葉を頼りにして、ユダヤ人の王、救い主に出会うことになったのです。9、10節にはまもなくイエスさまに出会う喜びが表されています。
2:9 彼らが王の言葉を聞いて出かけると、東方で見た星が先立って進み、ついに幼子のいる場所の上に止まった。2:10 学者たちはその星を見て喜びにあふれた。
「王の言葉」というのは、もっと正確には、ヘロデ王が祭司長たち、律法学者たちから聞いた神さまの言葉ということです。占星術の学者たちはその言葉を聞いて出かけました。そして、幼子イエスさまにお会いすることができる!そのことを喜びました。「学者たちはその星を見て喜びにあふれた」とありますが、それはどんな喜びにも勝る大きな、大きな喜びだったというのです。大きな、大きな喜び、それはいつまでも変わることのない喜び、いつまでも失われることのない喜びです。

(むすび)
そういうわけで彼らはイエスさまにお会いすることができました。
2:11 家に入ってみると、幼子は母マリアと共におられた。彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた。2:12 ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った。
イエスさまにお会いした占星術の学者たち。彼らについて、二つのことをお話しして終わります。一つは、彼らがイエスさまにお会いできた喜びについてです。「彼らはひれ伏して幼子を拝み、宝の箱を開けて、黄金、乳香、没薬を贈り物として献げた」。イエスさまにひれ伏して拝み、そして、宝の箱を開け、その中のものを献げた、というのです。ひれ伏して拝む、というのは、イエスさま、あなたが私の主、人生の主人です、という告白です。そして、宝の箱というのは、私たちの心のことです。黄金、乳香、没薬を献げた、というのは、イエスさまに感謝を表すことです。このことを一つの言葉で表すと、礼拝ということです。イエスさまを信じる私たちは毎週、みんなで一緒に、また毎日、それぞれの家庭で礼拝を行なっています。今日はクリスマス礼拝を行なっていますが、このクリスマスという言葉もキリストを礼拝するという意味なのです。私たちはイエスさまにお会いできた!その喜びを礼拝という方法で表すのです。
そして、もう一つのこと、12節には、このようなことが書かれていました。「ところが、「ヘロデのところへ帰るな」と夢でお告げがあったので、別の道を通って自分たちの国へ帰って行った」。占星術の学者たちは、本当だったら、イエスさまにお会いしましたよ、とヘロデ王のところへ報告に行くはずでした(8節)。しかし、ヘロデ王のところへ行かないように、というお告げを夢で聞いて、別の道を通って自分たちの国へ帰って行きました。おそらくこのお告げは神さまからのものだったと思います。また別の道というのは、ただ違う道を通るということではありません。今までとは違う新しい人生の道を歩むということです。それはイエス・キリストという道を歩むということです。
イエスさまはある時、弟子の一人であるトマスから、その人生の道について尋ねられました。イエスさまはこのようにお答えになりました(ヨハネ14章6節)。
14:6 イエスは言われた。「わたしは道であり、真理であり、命である。わたしを通らなければ、だれも父のもとに行くことができない。
イエスさまはご自分が道であると言われ、さらにご自分が真理であり、命であるとも言われました。そしして、イエスさまを通らなければ、誰も神さまのもとに行くことはできない、と言われました。占星術の学者たちが通った別の道、それはイエスさまという道であり、この道を通ることによって、神さまのところに行くことができる。すなわち、神さまの国に生きる者、永遠の命に生きる者となるというのです。私たちもイエスさまという道を歩み続けていきましょう。

祈り
恵み深い主なる神さま
私たちに与えられた大きな、大きな喜び、それはイエス・キリストが私たちのところにおいでになったことであると聖書は伝えます。外国の占星術の学者たちが遠いところから、イエスさまにお会いするためにやって来ました。そして、幼子のイエスさまに出会い、この方を礼拝しました。私たちのところにおいでになった救い主は、私たちと共におられ、歩んでくださいます。このことを新しく知り、この喜びに生きる人がありますように。
私たちの救い主イエス・キリストのみ名によってお祈りします。 アーメン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

月を選択