ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. 説教
  4. 【礼拝説教】2022年4月10日「父よ、彼らをお赦しください」

【礼拝説教】2022年4月10日「父よ、彼らをお赦しください」

聖書―ルカによる福音書23章32~43節
(はじめに)
 受難週を迎えました。受付に「受難週聖書箇所」という印刷物がありますので、よろしければ、お持ちください。日曜日から土曜日まで、イエスさまの受難、イエスさまがエルサレムに入城され、捕らえられ、十字架におかかりになる。その聖書の箇所が載っていますので、その箇所を読んで、受難週の一週間を過ごしていただくと、次週の日曜日、イエスさまの復活をお祝いする礼拝に備えることができます。

(聖書から)
 お読みしました聖書箇所は、ルカによる福音書23章32節からです。この箇所では、イエスさまが十字架につけられ、二人の犯罪人もやはりイエスさまと同じく十字架につけられたことが書かれています。
23:32 ほかにも、二人の犯罪人が、イエスと一緒に死刑にされるために、引かれて行った。23:33 「されこうべ」と呼ばれている所に来ると、そこで人々はイエスを十字架につけた。犯罪人も、一人は右に一人は左に、十字架につけた。
 32、33節を読みました。イエスさまが真ん中の十字架につけられ、その両脇に、つまり、イエスさまの右と左に犯罪人が十字架につけられている様子が思い浮かびます。この時、イエスさまは十字架の上で何か語っておられたようです。その言葉が34節にあります。
23:34 〔そのとき、イエスは言われた。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです。」〕人々はくじを引いて、イエスの服を分け合った。
 これがイエスさまの言葉です。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。イエスさまが父なる神さまに祈っています。どんな祈りかというと、「彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」と言っています。「彼ら」についての執り成しの祈りです。
 「彼ら」とは、誰のことでしょうか?イエスさまを十字架につけた人たちのことでしょうか。ユダヤの祭司長、律法学者、ローマの総督ポンテオ・ピラト、ローマの兵士・・・でしょうか。私を十字架につけたこの人たちのことをお赦しください、と祈られたのでしょうか?
 十字架につけられたイエスさまに対して、あざ笑い、侮辱し、ののしる言葉がかけられています。「他人を救ったのだ。もし神からのメシアで、選ばれた者なら、自分を救うがよい」(35節)、「お前がユダヤ人の王なら、自分を救ってみろ」(37節)、「お前はメシアではないか。自分自身と我々を救ってみろ」(39節)。それぞれ議員たち、兵士たち、そして、十字架にかけられていた犯罪人の一人の言葉です。これらの言葉から共通するのは、自分を救う、ということです。イエスが救い主であるなら、自分自身を救ってみろ!人々が考えていた救い主というのは、そういう救い主でした。しかし、イエスさまという救い主は、最初の議員たちの言葉が表しているように、他人は救ったが、自分を救うことはしない救い主だったのです。
 犯罪人の一人がイエスさまをののしった言葉を聞いて、もう一人の犯罪人がこのように言います。40、41節をお読みします。
23:40 すると、もう一人の方がたしなめた。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。23:41 我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない。」
 この犯罪人は、イエスさまをののしった犯罪人をたしなめて、このように言います。「お前は神をも恐れないのか、同じ刑罰を受けているのに。我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない」。
 この犯罪人は、まず、このようなことを言っています。「お前は神をも恐れないのか」。神を恐れないのか?というのは、自分は神さまを恐れた、ということでしょう。なぜ、この犯罪人は、こんなことを言い出したのでしょう?この人は、イエスという人と私たちは同じ刑罰を受けている、と言っています。そして、それに続いて、「我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ」と言っています。私たちは刑罰を受けなければならないことをしているのだから、これは当然のことだ、と言っているわけです。しかし、イエスさまについては、このようなことを言っています。「しかし、この方は何も悪いことをしていない」。
 不思議な言葉です。この犯罪人は、イエスさまは何も悪いことをしていない。罪がない、と言っているのです。なぜ、このようなことが言えたのでしょう?私は、もしかすると、この犯罪人は、イエスさまの祈りの言葉を聞いていたのではないか?と思うのです。
 イエスさまは十字架の上でこのように祈られました。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。先ほど、この執り成しの祈りは、誰のための祈りであったか、お話ししました。皆さんは、イエスさまが誰のために、この執り成しの祈りをされたと思いますか?
 この犯罪人は、イエスさまの祈りを聞いていました。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。そして、このように受け止めたのです。イエスさまは「彼らをお赦しください」と祈られた。その「彼ら」というのは、誰のことか?私はその「彼ら」の中の一人に違いない。この方は、この私のために祈っておられる。
 十字架につけられ、まもなく命が尽きようとしている。そういう人が罪の執り成しの祈りをしておられる。この方は罪のないお方、私たちを罪から救うために来られたお方、救い主。そのことをこの犯罪人は、主が祈られた言葉を聞いて、気づかされたのではないでしょうか。そして、彼は主を恐れた。いや主を畏れたのです。この方こそは救い主、神の子であると信じたのです。
 イエスさまの祈りは、このように続いています。「自分が何をしているのか知らないのです」。これは自分の罪を知らない、ということです。私たちはどうでしょうか?自分の罪を知っているでしょうか?自分の罪に気づいているでしょうか?教会に初めておいでになった方からよく話されることは、すべての人は罪人だ、と言われるけれど、私はそれほど悪いことをしたことはない。それなのに、罪人扱いされてかなわない、ということです。
 使徒パウロは、詩編の言葉を引用して、このように語っています。「正しい者はいない。一人もいない」(ローマ3章10節・詩編14編、53編の引用)。これは私たち人間の間で比較して、誰が正しい人、善い人という話ではありません。神さまの前に立つ時、私たち人間はすべて不完全な存在、愛の欠けた存在、それが神さまの前に罪人ということです。
「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。この祈りを受けて、イエスさまの傍らにいた犯罪人はこのように言ったのです。「我々は、自分のやったことの報いを受けているのだから、当然だ。しかし、この方は何も悪いことをしていない」。自分は一人の罪人である。しかし、この方は罪のないお方。その方がこの私のために、神さまに赦しを祈ってくださっている。この私を執り成してくださっている方、この方こそ、救い主。彼はそのように信じたのです。

(むすび)
23:42 そして、「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」と言った。23:43 するとイエスは、「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」と言われた。
 今日お読みした聖書の最後の言葉です。この方は罪のない方。そのことを知った一人の犯罪人はイエスさまにこのように言います。「イエスよ、あなたの御国においでになるときには、わたしを思い出してください」。「あなたの御国」、それは神の国、天の国のことです。彼はこう言いました。「わたしを思い出してください」。
 主は彼にこのように答えられました。「はっきり言っておくが、あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」。「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」。ここに「今日」とあります。明後日、いつの日か、将来ということではないのです。今日、今です。イエスを主と信じたら、今日、今、救いにあずかるのです。
 先ほど、犯罪人はイエスさまに「わたしを思い出してください」と言いました。そして、イエスさまは、「あなたは今日わたしと一緒に楽園にいる」とお答えになりました。救いとは何でしょうか?そのことがここから知らされます。救いとは、「わたしを思い出してください」とありますように、主におぼえられるということです。主は永遠に私のことをおぼえていてくださる。そして、救いとは、「わたしと一緒に楽園にいる」とありますように、主と共にある、ということです。主は永遠に私と共におられる。
 私たちは、昨年度も、そして、この3月にも、愛する信仰の友、兄弟姉妹と地上での別れを経験しました。それは寂しい、悲しい思いでしたが、主はその方々のことを永遠におぼえていてくださいます。主はその方々と永遠に共におられます。そして、私たちもその約束、救いの約束をいただいています。このことを希望として、十字架につけられ、死なれ、三日目に復活されたイエスさまと共に、神さまがお与えくださる救いを伝えることに励んでいきましょう。

祈り
恵み深い主なる神さま
 今日は、十字架の上で死なれたイエスさまの聖書の箇所から、あなたの語りかけを聞きました。主は十字架の上で祈られました。「父よ、彼らをお赦しください。自分が何をしているのか知らないのです」。
 罪に支配され、死と滅びに向かっていた私たちのために、主は執り成しの祈りをされ、私たちを罪から救うために十字架にかかり、ご自身の命をささげてくださいました。
 私たち人間は、神さまの目から見るならば、誰一人完全な者はいません。罪のない者もいません。しかし、ただお一人、罪のない、完全なお方であるイエスさまを救い主と信じるならば、死と滅びから、永遠の命に生きる者とされます。どうか、この救いを信じる私たちを用いて、救いを宣べ伝えさせてください。
私たちの救い主イエス・キリストのみ名によってお祈りします。 アーメン

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

月を選択