ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. メッセージ
  4. からし種一粒ほどの信仰(マタイ17章14〜21節)

からし種一粒ほどの信仰(マタイ17章14〜21節)

マタイによる福音書17章14節以下に、病の子供のいやしを求めて、主のもとに行った人の記事が記されている。この人は主の弟子たちのところに行ったけれど、弟子たちにはいやしてもらえなかった、と言った。主はこれに対して、「信仰のない、よこしまな時代」(17節)と言われ、いやせなかった弟子たちにむかって、「信仰が薄いからだ」(20節)と言われた。弟子たち自身、いやせなかったことで、自分に失望し、主に対して、このように尋ねている。「なぜ、わたしたちは悪霊を追い出せなかったのでしょうか」(19節)。ここで「わたしたちは」と弟子たちが言っていることに注意したい。弟子たちは自分たちで何とかなる、できる、と考えたのではないか。それこそが不信仰なのである。私の力が足りない、無力である。それは当然のこと。そういう私たちがすることは何か。第一にその私自身を、問題を抱え、病を抱えた自分を主のもとに持って行くことである。病の子供を持つ人は主のもとに行ったのである。第二に祈りである。新共同訳では21節が文書の最後に記されている。「しかし、この種のものは、祈りと断食によらなければ出て行かない」。すべてはまず祈りから始まるのである。これが主の求めておられる信仰ではないだろうか。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

月を選択