ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. メッセージ
  4. 【週報巻頭言】2022年11月13日  キリストに倣う者であるように(一コリント10章23節~11章1節)

【週報巻頭言】2022年11月13日  キリストに倣う者であるように(一コリント10章23節~11章1節)

「だから、あなたがたは食べるにしろ飲むにしろ、何をするにしても、すべて神の栄光を現すためにしなさい。ユダヤ人にも、ギリシア人にも、神の教会にも、あなたがたは人を惑わす原因にならないようにしなさい。わたしも、人々を救うために、自分の益ではなく多くの人の益を求めて、すべての点ですべての人を喜ばそうとしているのですから」(一コリント10章31~33節)。

すべてのことは許されている、すべてのことから自由とされている。そういう私たちですが、その自由が人を惑わす原因、つまずきになることがあります。しかし、「あなたがたは食べるにしろ飲むにしろ、何をするにしても、すべて神の栄光を現すためにしなさい」とありました。パウロ自身が求めていたことは「人々を救うために、自分の益ではなく多くの人の益を求めて、すべての点ですべての人を喜ばそうとしている」ということでした。パウロにこのような思いを、求めを与えたのはイエス・キリストでした。

パウロはこのようにも語ります。「わたしがキリストに倣う者であるように、あなたがたもこのわたしに倣う者となりなさい」(11章1節)。イエス・キリスト、この方はどこまでも他者のために生きられた方でした。パウロはそういうキリストの生き方に倣ってきました、真似てきました。私たちもパウロのように、キリストに倣っていきたい、キリストの生き方を真似ていきたいと思います。そのことによって、私たちの後に続く人たちが、子どもたちがキリストを知ることができたら、キリストに出会うことができたら、それは本当に喜ばしいこと、幸いなことです。祈りつつ歩みましょう。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

月を選択