ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. メッセージ
  4. キリストの僕として生きる(ローマ1章1〜7節)

キリストの僕として生きる(ローマ1章1〜7節)

パウロは自分のことをキリストの僕、そして、使徒と言っています。キリストの僕。僕という言葉は「奴隷」という言葉で表すこともできます。パウロはユダヤ名はサウロでした。しかし、ローマ名パウロを積極的に使用していました。自分はローマの市民権を持っている。パウロはイエス・キリストの福音を宣べ伝えるために自分の持っているもの、学問や権利、そういったものを福音のために利用していきました。利用する、というと、あまり聞こえは良くないかもしれませんが、パウロは自分は神様からすべてのものを与えられた。だから、神様のために自分のすべてを用いる。そういう信仰であったと思うのです。
 ローマの市民権を持っている。奴隷ではなく、自由人。そういうパウロでしたが、ここで自分はキリストの僕、奴隷と言っています。私たちは自由を求めます。自由に、何ものにも捉われないで生きる。そうありたいと願いますが、実際はそうではありません。常に何かに捉われています。自由を満喫しているはずがそうではない。何かに捉われ、固執しているのが私たちの現実です。
 パウロは自分はキリストの僕、奴隷であると言っています。しかし、以前のパウロはそうではありませんでした。キリストの僕、奴隷ではない。それではパウロは自由を満喫し、人生を謳歌していたのでしょうか?いいえ、違います。パウロはキリストに出会う前はあるものの奴隷であったというのです。それは何でしょうか。「罪の奴隷」(ローマ6章6節)であったというのです。
 私たち人間はどちらかの生き方になるのです。キリストの僕として生きるか、罪の奴隷として生きるか。自分は自由に、思いのままに生きている。そう思っていても、実は罪に囚われて生きてしまっている、罪に縛られて生きてしまっているのです。しかし、キリストの僕として生きる時、それは罪から自由とされた、罪から解放された生き方なのです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

月を選択