MESSAGE

メッセージやニュースレター

  1. HOME
  2. ブログ
  3. メッセージ
  4. 【巻頭言】2020年5月17日 愛に根ざし、愛にしっかり立つ者となるように(エフェソ3章14~21節)

【巻頭言】2020年5月17日 愛に根ざし、愛にしっかり立つ者となるように(エフェソ3章14~21節)

 「どうか、御父が、その豊かな栄光に従い、その霊により、力をもってあなたがたの内なる人を強めて、信仰によってあなたがたの心の内にキリストを住まわせ、あなたがたを愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者としてくださるように」(16、17節)。「あなたがたの内なる人」とありました。また「あなたがたの心の内にキリストを住まわせ」とありました。神さまに造られた私たちに対して、神さまが求めておられることは私たちの心に神さまのみ子であるイエス・キリストを受け入れ、住まわせることです。

 「内なる人」というのは、私たちの人格の部分のことです。私たちの心にイエスさまをお迎えすると、私たちの「内なる人」、人格が強められるというのです。人格が強いというと、何か気が強いとか、少々のことではへこたれない、という意味に思うかもしれません。でも、そういうことではないのです。キリストを私たちの心に住まわせたなら、パウロが祈っているように「あなたがたを愛に根ざし、愛にしっかりと立つ者としてくださるように」とありますが、愛に根ざし、愛にしっかり立つ人格に変えられていくというのです。聖書が示す人格の強さというのは、気の強さということではなく、愛する心が強くされるということなのです。

 「信仰によってあなたがたの心の内にキリストを住まわせ」とありました。イエスさまを私たちの心に住まわせるためにはどうしたらよいか?というと、「信仰によって」とありましたが、信仰とは信頼ということです。神さまを信頼するということ、神さまに対して、心を開き、自分の人生をお任せするということです。イエスさまは私たちの心に住んでくださって、一緒に歩みたいと願っておられます。でも、私たちの側で、それは嫌です!と拒否していたら、イエスさまは私たちの心のドアの前で待っているだけになってしまいます。イエスさま、どうぞ、私の心にお入りください、私の人生に伴ってください、と心のドアを開くなら、私たちの人生は新しくなるのです。まだイエスさまをお迎えしておられない方がありましたら、どうぞ心のドアをお開きください。イエスさまと一緒に歩んでまいりましょう。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

関連記事

記事一覧

カテゴリー