ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. メッセージ
  4. 信仰告白すること(マタイ16章13〜20節)

信仰告白すること(マタイ16章13〜20節)

主イエスは弟子たちにこのようにお尋ねになりました。「それでは、あなたがたはわたしを何者だと言うのか」(15節)。人々が主をだれと言っているかお尋ねになった後、弟子たち自身への問いがなされたのでした。これに対して、シモン・ペトロはこう答えています。「あなたはメシア、生ける神の子です」(16節)。ペトロの答えは正しい答えでした。イエスを救い主、生ける神の子と答えたのです。そして、これは信仰告白です。私たちも今、ペトロと同じ信仰告白をするのです。この信仰告白が今の時代までしっかりと受け継がれていることを知らされます。
さて、ペトロの信仰告白の後、主はこのように言われました。「シモン・バルヨナ、あなたは幸いだ。」(17節)。ペトロに主は「あなたは幸いだ」と言われます。何が幸いなのでしょうか。それは次の言葉に示されます。「あなたにこのことを現したのは、人間ではなく、わたしの天の父なのだ」(同節)。 ペトロがイエスを救い主、神の子と告白することができたこと、それが幸いなことなのです。さらに続く言葉から知らされるのはペトロがイエスを救い主、神の子と告白できたのは人間の力、わざによるものではなく、天の父である神の力、わざによるということです。イエスを主と信じるということ、信仰告白するということは神御自身によることなのです。だから、私たちは神御自身の導きを信じて祈りつつ、福音を伝えていくのです。神御自身が、伝えるその人に信仰告白をさせることを信じて。そして、私たちも信仰告白を続けていく者でありますように。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

月を選択