ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. メッセージ
  4. 主の家族とされる(マルコ3章31~35節)

主の家族とされる(マルコ3章31~35節)

周りに座っている人々を見回して言われた。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。3:35 神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ。」(マタイ3章34、35節)
 イエス様はご自分の周りに座っている人々を見回して、こう言われました。「見なさい。ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる。神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ」。イエス様がここで言われたことは何かというと、神様の家族ということです。イエス様が周りに座っている人たちを見回して、その人たちのことをこの人たちこそ、神様の家族なのだ、と言われたのです。さらにこうも言われました。「神の御心を行う人こそ、わたしの兄弟、姉妹、また母なのだ」。神様のみ心を行う人。私はこの言葉を聴くと、襟を正される思いがします。自分は果たして、神様のみ心を行ってきただろうか?神様が示す愛と義に生きてきただろうか?私は神様の家族とは言われないかもしれない・・・。自己診断、自己判断するならば、そう考えてしまうのですが、イエス様の周りにいた人たちすべてにこのように語られたのだと思います。「ここにわたしの母、わたしの兄弟がいる」。
 イエス様が語っているのに、居眠りしている人がいたかもしれません。イエス様が語っているのに、ペチャクチャと隣の人とお話ししている人もいたかもしれません。イエス様が語っていることを理解できないでいる人もいたかもしれません。しかし、イエス様はその一人一人のことを私の母、私の兄弟、すなわち、私の家族、神様の家族と言われたのです。
 私たちは自分が神様の家族としてふさわしいか、というと、決してそういうことは言えないと思います。しかし、イエス様がそういう私たちをお招きになり、イエス様が私たちを神様の家族としてくださるのです。私たちは自分の力や頑張りで神様の家族になることはできません。イエス様が私たちを神様の家族としてくださるのです。私たちはそのイエス様の愛と恵みに感謝して、喜んで応えていきたいと思います。

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。

関連記事

記事一覧

カテゴリー