ARCHIVE

アーカイブ

  1. HOME
  2. ブログ
  3. メッセージ
  4. 「見なさい。まことのイスラエル人だ」(ヨハネ1章43〜51節)

「見なさい。まことのイスラエル人だ」(ヨハネ1章43〜51節)

ナタナエルはイエス様のところに行きました。すると、イエス様はこう言われました。「見なさい。まことのイスラエル人だ。この人には偽りがない」(47節)。何かイエス様が自分のことを知っているような言い方をしたので、ナタナエルはこう答えています。「どうしてわたしを知っておられるのですか」(48節)。イエス様は言われました。「わたしは、あなたがフィリポから話しかけられる前に、いちじくの木の下にいるのを見た」(48節)。
 イエス様がナタナエルに言われた「まことのイスラエル人」ということ、これは最高のほめ言葉です。ここで「まことのイスラエル人」と言われたのは、ただ人種とか民族といった意味ではなく、選ばれた神様の民というほどの意味です。いちじくの木の下でユダヤのラビ、教師は神様の教えを説いていましたので、そこに行き、真摯な姿勢で神様の教えを学んでいたことから、「まことのイスラエル人」、このようにイエス様は言われたのではないか、と考えることができます。
 「まことのイスラエル人」。イエス様はなぜ、ナタナエルにこのようなことを言われたのでしょうか。あなたこそは真実の神様の民!しかし、ナタナエルという人がそれほど特別な存在、イエス様の弟子たちの中でも特別な存在だったのでしょうか。それではもしも、私たち一人一人がイエス様と出会うとしたら、イエス様は私たちに何とおっしゃるでしょうか。イエス様は私たち一人一人にも同じことを言われるのではないかと思うのです。あなたこそ、まことのキリスト者。あなたこそ、真実の神様の民と。私たちはそんなことはありません、と言うかもしれません。しかし、イエス様の目は、そのまなざしは私たちをそのような者と見てくださっているのではないでしょうか。
自分の子供が育っていくようにと愛のまなざしをもって、愛し育てていくように、あるいはかつて自分の親にそのようにして育てられてきたように、主の言葉、主の力、そして、主の温かいまなざし、愛によってナタナエルも私たちも真実の神様の民となるように育てられていくのではないでしょうか。だから、私たちは喜んで、霊の乳を慕い求めて、主によって成長させられていきたいと思うのです。

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。

関連記事

記事一覧

カテゴリー

アーカイブ

月を選択